gaYa広告

2012年01月25日

ブラジルのリオの建築物崩壊で、葬儀が行われた。

BBC Newsは2012年1月27日に、ブラジルのリオデジャネイロで2012年1月25日水曜ビルが崩壊し、生き埋めになった犠牲者の葬儀が行われたと報告した。

これまでのところ、14の遺体が倒壊した3戸の建物の瓦礫から回収された。
しかし、約12人がまだ行方不明である。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

職員は、災害が最も高い構造で無許可の建築工事によって引き起こされたかどうか調査している。

当局は、無許可の工場が、水曜の夜に突然崩壊し、2つの近隣の20階のオフィスビル構造を弱め、破滅したたのではないかと考えている。

救助隊員は、リオデジャネイロの歴史的な中心の中で石細工、鋼のねじられた残骸およびグラスをまだ探索している。

いくつかの遺体は、崩壊の時に保持されていたコンピューター実務講習教室エリアで見つけられた。

6人が瓦礫から救われた。
しかし、救助者は誰か、生きている他の人を見つける可能性がほとんどないと言った。

職員は、探索がもう2日の間継続するだろうと言った。

ビルの崩壊は、インド、タイ、韓国などから報告されている。

以前、ドイツのフランクフルトに住んでいた知人の部屋を尋ねたら、建築から200年以上経っていて、部屋の中心部が低くなっているので、大丈夫か?と聞いたら、精神的に不安定になると言っていた。
少し飛び跳ねたら、家中が揺れた。

地震より怖い。

カンボジアでビルを建てたら、日本の1軒分の予算で、数軒たっつと言っていた。

崩壊したビルのGoogle Earthポインター情報
22°54'30.55"S,43°10'37.84"W
または。
-22.908486, -43.177178

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

gaYa広告