2012年01月25日

「地球」という名の青い大理石!

NASAは、最近打ち上げられた最新の地球観測衛星「Suomi NPP」に登載されたVIIRSで得られた地球という名の「青い大理石」の画像を公開した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この合成画像は、2012年1月4日に得られた多くの帯状の地球表面を使用している。

NPP衛星(NPP satellite)は、ウィスコンシン大学の気象学者(a meteorologist at the University of Wisconsin)で、「衛星気象学の父親(he father of satellite meteorology)」と広く認められている衛星観測のパイオニアのベルナーE.スオミ(Verner E. Suomi)に敬意を表して、2012年01月24日に「Suomi NPP」と改名された。

「Suomi NPP」は、NASAの次の地球観察研究衛星である。

多くの面から地球が変化することに気づくであろう、新しい世代の最初の衛星になる。

「Suomi NPP」は、5つの観測器機を搭載している。

最も大きく最も重要な道具はVIIRS(Visible/Infrared Imager Radiometer Suite/可視/赤外線画像装置放射計スイート)である。

Image Credit: NASA/NOAA/GSFC/Suomi NPP/VIIRS/Norman Kuring

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告