2012年01月25日

「オポチュニティ」の8周年記念。

NASAは、火星探査ローバー「オポチュニティ(Opportunity)」が世界時のEST2004年1月25日に火星(1月24日とPST)へ着陸してから8周年ということから、2012年1月に得られた5回目の火星の冬に、非公式に「Greeley Haven(グリーリー避難所)」という名の露頭で過ごしている北(左)から北東(右)の位置からのモザイク画像を公開した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

「オポチュニティ」のパノラマカメラ「Pancam」はグリーリー避難所から組み立てられている十分な円の視界の一部としてコンポーネント・イメージを撮影した。

この視界は前景とミッド・フィールドに砂紋および他の風に彫刻された特徴を含んでいる。

北端部にある、エンデバー・クレーターの縁(the rim of Endeavour Crater forms)の「ヨーク岬(Cape York)」セグメントは、場面の上部の半分を横切って弧を形成している。

「オポチュニティ」は8周年記念の時点で、惑星上で21.4マイル(34.4km)を運転した。

2011年末に、火星の冬に探索車のほこりまみれのソーラーパネルからの出力を押し上げ、露頭の太陽に面する傾斜を利用するために、探索車チームは、グリーリー避難所上に「オポチュニティ」を押し上げた。

グリーリー避難所にいる間の研究活動は、砂丘から個人土粒子まで火星の内部のラジオ科学調査、露頭上の鉱物組成および生地の検査、および規模の風もたらした変更のモニタリングを含んでいる。


このカラーは、753ナノ・メーター(近赤外線)、535ナノ・メーター(緑)および432ナノ・メーター(スミレ)の波長に集中したPancamフィルタを通って得られたマテリアル間のいくつかの違いを見い出すことをより簡単にするために、視界は偽色彩で示されている。

Image credit: NASA/JPL-Caltech/Cornell/Arizona State Univ.

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト