gaYa広告

2012年01月25日

イギリスの「王の祝宴」で、それぞれの時代に何をどのように食べられたか?

BBC Newsは、生徒達が、エリザベス女王の60年記念祭の一部として、料理することを依頼されたと報告した。

宴会で祝う「祝宴」は常に、王の生命の一部であった。
しかし、それらは過去に何を含んでいたか。

どのような料理が女王の「祝宴」用の食事に適しているか?

王の珍味を過ぎて場合、何でも、カモメ、キンセンカあるいはクジャクを含んで、皮膚と羽毛で、もちろん、料理した後に後ろに置き続けられ、その時までにかなり飾られることである。

豊富な宴会および祝宴は常に王の祝賀の一部であった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

また、クイーン60年記念祭8Queen's Diamond Jubilee)の一部として、イギリスの生徒は、皇后陛下のための特別のメニューを作り出すように依頼されている。

勝利して、選ばれた学校は、そのレシピが特別の受理でクイーンに供給されたのを見ることになる。

しかし、何がこれまでに行かれた回でメニュー上にあったか。
また、君主にカナッペを直接出すことは、あなたの落ち着きを失って、あなたに帰着していたでか。

そう言えば、ロンドンでは日本のわかめ酒のように、若女性の裸体に料理を盛りつける店が流行っている。

こんなのを出したら、エリザベス女王は脳しんとうを起こし、どこか別世界に行ってしまうかもしれない。

食物歴史家アニー・グレイ(Annie Gray)は、ヴィクトリア女王(Queen Victoria/1837-1901)のとき、63年の治世によって「王の祝宴」サービスが行われている。

そのときの料理は「ロシア風」として知られて、テーブルでゲストに連続して供給された。
今、私たちがそれを知ることができるのは、それは銀製食器のひと揃いである。

各々の中の7〜9枚の皿と共に、4〜6つのコースがあった。

通常、宴会は何時間も続くだろうが、彼女は30分で7つのコースを片付けることができた、とグレイが言っている。

1. Top table: For the most important guests, with the most favoured at the Queen's direct right
2. Other guests: Seated in order of importance, highest ranking closest to top table
3. Food: At start of Victoria's reign food would be placed on table and guests would serve themselves
4. Flowers: After self-service went out of fashion and dishes were not left on table, elaborate flower displays were used as decoration
5. Drinks: Fine wine and Madeira would be served, but Victoria often had whisky with her meal
6. Minor guests: Furthest away from the Queen and served last, they often hadn't even eaten by the time plates were cleared for the next course
7. Public gallery: On big occasions members of the public were allowed to watch the banquet from viewing galleries

チャールズ2世(Charles II/1660-1685)は、彼を王として定義したのはもののうちの1つとして、食事は非常に重要だった。

宴会で王は天蓋の下で、上座に座る。

「 the Royal Collection and author of For the Royal Table: Dining at the Palace」の著者で学芸員のキャサリン・ジョーンズ( Kathryn Jones)は、1671年にパレスで食事する1つの宴会でゲストは、王のテーブルのために:、最初のコースで145皿が単独で配られたと言っている。

彼の統治によって、デザート・コースは発展した。
チャールズは果物が好きで、イギリスでパイナップルを食べた最初の人のうちの1人であった。

ヘンリー8世(Henry VIII/1509-1547)のチューダー王家の時代の食物は非常に刺激的だったと歴史家は言っている。

大きな祝宴はシカ肉、白鳥、クジャク、アオサギ、イルカおよびカモメを含んでいるかもしれなかった。

そう言えば、昔、日本人がデンマークのチボリで野宿していたとき、白鳥を捕まえて食ってしまったと言うことで、大きな話題になった。

その後どうなったかは知らない。

確かに、白鳥はニワトリなどより大きな鳥で食うと旨そうである。
どなたか、白鳥の丸焼きを合法的に作る機会があったら、招待して欲しい。

「Life In A Medieval Town(中世都市の生活)」の著者ピーター・ハモンド(Peter Hammond)は、「時々、クジャクの皮は、羽毛と共に注意深く削除されたでしょう。」と言っている。

「一旦料理されたならば、それらは、富を示すために、あたかもそれがまだ生きているかのように、飾られた。」と言っている。

多くの肉は出されましたが、さらに野菜がありました。

キャベツ、エンドウおよびレタスを含めて、育てることができたものすべてに役立ちました。

キンセンカのような花も食べられました。

それらはサラダの中で、および飾りとして使用された。

座る席にもランキングがあり、最も高度に、恵まれたゲストは、キング・ヘンリー8世の右側に座った。
すべて、階層は部屋へ歩いた方法さえ関係していた。

金・銀の皿も富を示すために表示された。
食物は「removes」と呼ばれる段階の中で出された。

それらはすべてではなく、王のテーブルだけは皿をすべて提供された。

エドワード4世(Edward IV/1461-1470 and 1471-1483)の宴会は、もっと振る舞いで、全体の概念の下でずっと精巧になり、作法書は礼儀について説明するために生産されたとサザンプトン大学の歴史の教授で文書保管所研究(professor of history and archival studies at Southampton University)のクリス・ウルガー(Chris Woolgar)は言っている。

ウィリアム征服王(William the Conqueror/1066-1087)の治世中には、架台テーブル(trestle table)が使用された。
また、キングが着席した後、それはセット・アップされた。

その後、それに、リンネル製のテーブルクロスおよび最も純度の高い金および銀が置かれた。

より低いランキング・ゲストはトレンチャー(trencher)で食べていた。
トレンチャーとは、1個の古くなったパンで、方型に割り込まれ、またプレートとして使用された。

食事の終わりに、食品からジュースをすべて洗い落として、それらは、貧困層に施物として頻繁に与えられた。

聖職者がウィリアムの右に直接着席して、上座は高位のゲストを着席させた。

王の食物はすべて、他の人とは別々に料理された。
彼は、しばしばプレートからゲストに食物を配り、これは大きな名誉および好意の表れと考えられた。

多くの皿と共に、サービスの幾つかは段階があった。

これほど権威を重要視してきたが、残念ながらヨーロッパで最も不味い料理はイギリスというのが定番である。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

gaYa広告