2011年12月29日

ボランティアは歴史的なハワイ言語新聞をインターネットで公開。

Editor and Publisherは、ハワイの非営利団体Awaiauluインクは、歴史、新聞およびボランティアまでに燃料を供給された重い翻訳プロジェクトの真中に、ハワイの過去と現在の間のギャップを埋めることを目標としていると報告した。

1834年から1948年まで出版された約100部のハワイ言語の新聞が、およそ3,000人のボランティアによって翻訳されている。

この新聞は、オリジナルおよびマイクロフイルム化された画像としてハワイ文書保管所の収集に現在収容されている。
しかし、プロジェクトが終了されると、ハワイ王国の60,000ページ以上にわたる日常生活は、インターネット上で見て、読むことが可能になる。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この大がかりなプロジェクトは、「'Ike Ku'oko'a(Liberating Knowledge)」という名称で進められている。

ボランティアの努力全体は、Webベースのプログラムを使用して、興味を持っていた個人がファイルをダウンロードし、遠隔地から参加することを可能にして、管理されたオンラインになる。

参加するボランティアは、ハワイの言語のことを知ることは要求されない。

プロジェクトの完了は、La Ku'oko'a(the Hawaiian Kingdom's Independence Day/ハワイ王国独立記念日)と一致するために2012年11月28日には、オンラインで利用可能であると予定されている。

ハワイと言えば、あの有名な探検家ジェームス・クック(James Cook/1728-1779)船長が1779年02月14日に殺され、肉が骨から削ぎ取られ、焼かれ、食べられてしまったことでも有名である。

しかし、新聞は、1834年からで、それから約半世紀後になる。

私は子供の頃に、この情報を知ったとき、クック船長が焼き豚のように感じた。

乗組員らの懇願によって、遺体の一部だけが最後に返還され、クックは海軍による正式な水葬を受けた。

そんな面白いニュースが、一杯詰まっているかもしれない。

どのように日本の浴衣から、アロファシャツができたのか?
サーフィンが、始まったとき!
ジョン万次郎は?
日本人が、一杯出てくる!

みんなで、この面白いプロジェクトに参加しよう!

ケアラケク湾(Kealakekua Bay)のGoogle Earthポインター情報
19°28'52.45"N,155°55'59.63"W
または、
19.481236, -155.933231

Christmas island Google Earth poinyer
1°47'56.81"N,157°20'35.46"W
または、
1.799114, -157.343183

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

gaYa広告