gaYa広告

2012年01月21日

コロンビアのFarc反逆者は、レーダー基地を破壊。

BBC Newsは、コロンビアのFarc反逆者が、コロンビアの南および西の民間航空を分裂させて、レーダー装置を破壊した、とコロンビア政府が言ったと報告した。

約100人のゲリラが、警察のうちの1人を殺して、警戒中であった、設備を強打するため、手製のミサイルで山頂のレーダー設置を砲撃した。

このレーダーは、麻薬密売をモニターするためにも使用されていた。
コロンビア政府職員は、レーダーを修理するのに数か月かかるだろうと言った。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

フアン・マヌエル・サントス大統領(President Juan Manuel Santos)は、
「Farcが民間人に影響するサイトを攻撃する場合、それはそれらの弱さと絶望を示します。」と言ってFarc反逆者の攻撃を非難した。

セロ・サンタナ(Cerro Santana)のレーダー基地は、南部カウカ地域(southern Cauca region)の遠隔の山岳地方で、12時間を超える激しい攻撃の下にあった。

反逆者は、料理用ガスボンベで作られた砲撃および爆発性のミサイル装置を砲撃した。

18人の最強警察守備隊は、武装ヘリコプターに支援されて反撃した。

軍直轄部隊は、そのエリアの管理を回復し、かつゲリラを追跡するために到着した。

コロンビアの民間航空権威の管理者サンティアゴ・カストロ(Santiago Castro)は、コロンビア南部と西の大きなエリアを横切って航空交通をコントロールしたレーダー基地を修理するのに数か月かかるかもしれないと言った。

「私たちがフライトの安全性を保証すると考えている解決はそれらの頻度を間隔を置くことです。」
「私たちは、フライト数が縮小されるかどうか知りません。しかし、遅れが出るでしょう。」と言っている。

その混乱は、さらに近隣のパナマおよびエクアドルへのフライトに影響するかもしれない。

Farc(Revolutionary Armed Forces of Colombia/コロンビア革命軍)は、コロンビアで最大の革新派反乱軍で、1960年代以来戦っている。

近年、それらは何千もの戦闘兵およびトップ指揮者のうちの数人を失って、一連の後退を喫した。

しかし、それらは、部分的にコカイン貿易から獲得された金銭によって、田舎のコロンビアで大きなエリアの強力なまま残っている。

今月の初めに、Timochenkoとして知られているFarcの新しいリーダーは、政府との和平会談に興味を持っていることを示した。

しかし、サントス大統領は、反逆者が攻撃をすべて止めて、それらが拘留している人質を開放するまで、交渉がありえないと繰り返した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告