gaYa広告

2012年01月21日

北京が大気汚染データを発表し始めた。

美容と医学の科学

BBC Newsは、中国の首都北京市当局は、空気品質上のより多くの詳細データをリリースし始めたと報告した。

それは、それの測定に関する汚染および公式開放のレベルの世論の批判に応じて来た。

北京は、以前に空気に含まれる粒子10ミクロンのPM10レベルをリリースした。

しかし、職員は、土曜日に、より小さな粒子PM2.5のためのデータをリリースした。
それは、肺に深く入り込むことができ、汚染のよりよい指標と見なされている。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

北京でモニタリング・システムの改革を要求するオンライン・キャンペーンは昨年に始められ、広範囲の支援を受けた。

北京の米国大使館はその屋上で装置を使用して、PM2.5レベルを測定し、Twitterによって「BeijingAir」情報を一時間ごとに公表している。

空気品質の評価は、北京の権威のそれとしばしば異なっていた。

北京の環境モニタリング・センターは、Xicheng地区の1つの監視サイトから最初に一時間ごとのリーダー結果を放って、そのWebサイト上の投稿としてPM2.5レベル・リーダーを始めた。

土曜日にリリースされたデータは、1立方メーター当たり0.003マイクログラムのPM2.5を含んで、都市の空気品質がよいことを示唆した。

特派員は、北京の多くの場合低い空気品質が権威にいくつかの重大な信用問題を残したと言った。

北京の居住者は、大気汚染および健康に対するその影響に関してより多くの情報を要求している。

北京の位置は、3つ山脈に囲まれ、水平な平原および交通のハイ・レベル上で、それが特に大気汚染とスモッグの傾向があることを意味した。

国営新聞新華社は、北京環境保護事務局からとして、昨年の中国の首都でのリーダーの平均PM10は120マイクログラムだった、と報告している。

北京の米国大使館のGoogle Earthポインター情報
39°57'14.22"N,116°27'55.29"E
または、
39.953950, 116.465358

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。