on-the-time.jp

2012年01月18日

3Dによる地表のマッピング!

BBC Newsは、ドイツの双子衛星レーダー「TanDEM-X」と「TerraSAR-X」は、地球で高さを最も正確に測定して、シームレスの地図を作る探究を通じて一年が過ぎたと報告した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

それらは少なくとも、これまでに全地球を横切ってデータを得た。

しかし、高い山脈および密林のようないくつかの巧妙なサンプリング・エリアはいくつかのパスを要求する。それで、完全に、2014年まで、私たちは完成品を見ることができない。

ジタル標高モデル、すなわちDEMはそれらの必須の技術的ツールのうちの1つになった。

都市計画者は、新しい建物、道および鉄道を置くのに最良のところで出てくるためにそれらを使用する。
定期航空パイロットは、飛行機を安全に飛ばすために情報を必要する。
telecosは、彼らの送信機を設置する前に、DEMsを見る。
そして、将軍はデータを自主的な武器に入れる。

考古学者、火山学者、氷河学者、水文学者、生態学者など、彼らはすべて、地球表面の形を知りたい。

さらに現実的な景観を生産したいゲーム開発者さえ、DEMに頼る。

スペースシャトル・エンデバーは、2000年に世界DEMを作り有名になった。
それはその貨物室からレーダーで、地球の地面約80%を写像した。

これがこれまでの歴史で最も使用された地球観測データセットであると言われている。

ドイツの宇宙機関「DLR」とヨーロッパ最大の宇宙会社アストリウム(Astrium)が今生産しようとしているかを説明した。

SRTM(Shuttle Radar Topography Mission/シャトル・レーダー・トポグラフィ・ミッション)製品には30mずつ30mの最良の空間分解能、および16mから10mまで変わる垂直解像度がある。

TanDEMは、12mずつ12mの空間分解能に達することができ、また2mの垂直解像度がある。

DLRのTanDEM-X土地セグメントのためのプロジェクト・マネージャーマンフレッド・ツィンク博士(Dr Manfred Zink)が「2mはいわゆる相対精度です。」と説明した。

TanDEM-X quick facts
Launch: Summer 2010
Launch site: Baikonur (Kazakhstan)
Launcher:Dnepr-1
Orbit altitude: 514 kilometres
Orbit inclination: 97.4 degrees
Satellite mass:1330 kilograms
Satellite dimensions:
Height: 5 metres
Diameter: 2.4 metres
Power consumption: 730 watts (average)
Mission operation:German Space Operations Center, Oberpfaffenhofen
Satellite command:Weilheim ground station
Data reception:Ground stations:
- Inuvik, Canada
- O'Higgins, Antarctic
- Kiruna, Sweden
Satallite lifetime:5.5 years (6.5 years for consumables)
Radar centre frequency:9.65 gigahertz (X-band)

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。