gaYa広告

2012年01月18日

捕鯨反対活動家が、日本の捕鯨船に海上で激突!

BBC Newsは、3人の捕鯨反対活動家が南極海で日本の捕鯨船とぶつかった後に、彼らが切り傷と打撲傷をしていると言ったと報告した。

その出来事は、南極大陸の沖合のモーソン半島(Mawson Peninsula)の約300マイル北で起こった。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

反捕鯨団体シー・シェパード(Anti-whaling group Sea Shepherd)は、活動家を打つために捕鯨船の乗組員が引っ掛け鉤と竹竿を使用したと言った。

日本のICR(nstitute of Cetacean Research/鯨類研究所)は、活動家がロープをカットし、日本の船のスクリューにロープをもつれさせようとしたと言った。

シー・シェパードは毎年日本の調査捕鯨を分裂させようと企てて、活動している。

シー・シェパードと日本のICRでは、意見が真逆であり、海上でのことで、誰も確認できない。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。