2012年01月18日

Wikipediaが24時間停止して、判ったこと!

BBC Newsは、BBC News Magazineのジョン・ケリー(Jon Kelly)が「Without Wikipedia, where can you get your facts?」を公開し、Wikipediaなしで、真実の情報を得たらいいのかを調査しているが、実は以前、これに似た情報として、Googleが無かったら、どのように情報を検索すべきかを調べた情報を公開したことがある。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

そのときも多くの検索ツールを使って、代用品を紹介したが、結局Googleが便利と言うことになった。

今回もWikipediaが完全に消えたら、代わりに見る多くの場所があることを発見すると言っている。

つまり自然の条理が働くことになる。
恐らく、最も忠実なWikipedia麻薬常用者が、これが楽しい変更であると分かるだろうと言っている。

あるいは、それに依存するために来た人々にとって、禁断症状は耐え難いかもしれないとも言っている。

一方の方法として、シャット・ダウンは、現代世界が見えるものに対するまれな洞察力を提供する。

そして、もっとも重要なものが手元にある印刷された本であったことに気が付かせてくれるかもしれない。

そして、公共性を訴え、哲学という言葉を多く使ってきたWikipediaの管理グループが、単にWikipediaを個人の持ち物に過ぎないことを明らかにした瞬間でもあった。

つまり、オープンだ!自由だ!と言ってきたが、エゴによって、それらを完全に覆すことがありうると言うことである。

ジョン・ケリーは、Wikipediaのおかげで忘れられてしまいかけていた情報も公開している。

その典型が、印刷で最も古いそのような大要であることを主張し、さらに専門家が調査してから一般公開されていると主張しているブリタニカ大百科事典(Encyclopaedia Britannica)がある。

さらに、Wikipediaの共同創立者ラリー・サンガー(Larry Sanger)によってセット・アップされた「Citizendium」
「Scholarpedia」「Encyclopedia.com」などを紹介している。

もう一度、古くなり始めたWikipediaを見直す良い機会かもしれない。

一つに溺れると、周囲が見えなくなる。
それを中毒と言い。
恋愛も一種の中毒である。

中毒からさめると、馬鹿馬鹿しくなることも多い。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。