gaYa広告

2012年01月14日

北京の多国籍企業の本社数、世界2位。

新華社は2012年01月14日に、対外開放が続く北京が「企業本部」として世界2番目の規模を保持していることが14日開かれた第13期北京市人民代表大会(北京市第十三期人民代表大会/人代)第5回会議(第5次会议)で明らかになったと報告した。

北京市商務委員会によると、米国の雑誌「フォーチュン(Fortune)」の2011年度世界上位500社番付に入った企業のうち、41社(同期比11社増加)を擁する北京は、企業本部としての地位で世界2位を維持した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

もう、中国は後戻りはできない!
開放を続ける以外に道はなくなった。

2011年に北京で許可された多国籍会社の地域総本部の新設は30件で、累計は112社に達した。
その中で、世界上位500社に番付入りする企業が74社ある。
投資会社は15社が新設され、合計198社に達した。
研究開発所を新設した外資系法人企業は28社で、合計は401社に達した。

また2011年1月~11月は、北京で国際展覧会が156回開催された。国際会議協会(ICCA)が発表した2011年度国際会議主催都市番付で、北京は国際会議が98回で、開催規模をもって国内都市でトップだった。

北京の輸出入も大幅増で、2011年1月~11月の北京の輸出入額は前年同期比30.6%増のUS$3531億2000万と、過去最高を記録した。
それは全国の10.7%を占め、全国4位のシェアだった。
企業による人民元建て決算規模は11月末時点で、,5061億9000万元を超えて、中国トップだった。

2011年1月~11月の北京の出入国数は9.6%増の1724万9000人で、首都空港の航空貨物取扱量は7245万5000人と、世界2位となった。

何もかもが、もの凄いの一言である。

もう先しか見てはいけないし、選択幅も狭まっている。
共産資本主義が向かうべき方向は、わがままを消し去ることである。

中国が、無茶をすると、世界中が困る。

中国は中国であって、同時にもう中国ではなくなった。
それが国際都市の宿命である。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

gaYa広告