on-the-time.jp

2012年01月13日

未来は「自走ローラースケート」で、移動?

AFPは、米国のラスベガス(Las Vegas)で開催された家電見本市「CES(International Consumer Electronics Show/コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」に登場した米国のデザイナーが開発した「自走ローラースケート」を紹介した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この「自走ローラースケート」は「spnKiX」と命名され、充電式バッテリーとモーターで駆動する。
スキー靴とローラースケートを足して割ったような外見で、いささか大きすぎるように見える車輪が特徴だと伝えている。

履くときは、靴をはいたままストラップで装着する。
最高時速は16km。
クレジットカード大の手持ち式ワイヤレス・リモコンでスピードを調整できる。
2~3時間でフル充電でき、3~5キロ走行可能と言っている。

設計したのは、ロサンゼルスを拠点に活動するインダストリアルデザイナーのピーター・トレッドウェー(Peter Treadway)で、1990年代から「装着できる乗り物」の開発に挑戦してきた。
「spnKiX」の着想を得たのは8年ほど前だと言っている。

「ある日、ランチに出かけたら駐車する場所が見つからなかった。それで、『だったら家から目的地のすぐそばまで行ける移動手段を作ればいいんじゃないか』って思ったんだ。それがこういう楽しい製品につながったね。」と話している。

しかし、誰もが最初から簡単に使えるわけでもない。
「慣らし運転」の間はトレーニング用の補助輪が付けられる仕様になっている。
ピーター・トレッドウェーは、あくまで個人差があるものの「数分から数時間程度でマスターできる」と話している。

「spnKiX」の開発費の一部は、クリエーティブなプロジェクトのための寄付を募るWebサイト「キックスターター(Kickstarter)」で集められた。
既に目標額US$2万5000(約190万円)の3倍を超えるUS$8万(約615万円)が集まったと言っている。
人びとの期待が高いことが示されている、とトレッドウェイは喜んでいる。

「spnKiX」は2012年03月に、ロサンゼルスにあるピーター・トレッドウェーの会社アクトン(Acton)から、1足US$649(約4万9800円)で発売される予定になっている。

さて、交通法規はどうなる?
免許証はどうなる?

1人乗り充電式2輪車「セグウェイ(Segway)」では、KNNのオーナーが刑務所に入れられた!
それも、乗っていた人ではなく、所有者が捕まった。
それは、交通法規ではないだろう!

セグウェイの製造・販売を手がけていたオーナーが、セグウェイで死亡!している。

Tech Specs:
*Dimension (each): Width = 9", Height = 10.5", Length = 9.5"
*Materials: Fiber reinforced Nylon + Aluminum
*Batteries: Rechargeable lithium
*Max Speed: up to 10mph
*Shoe Sizes that fit into spnKiX:
Men 6-14 (US/CA) 38.5-46 (EURO) 5.5-13.5(UK); 24-31.5(JP)
Women 7-15.5(US/CA) 37.5-48.5(EURO) 4.5-13 (UK); 23-31(JP)
*Recommended Age: 16 yrs old +

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する日付

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

gaYa広告