2012年01月12日

世界で最小の帯磁データ記憶装置。

Cellular-Newsは、IBMとドイツの「CFEL(Center for Free-Electron Laser Science/自由電子レーザー科学センター)」の科学者は、世界で最小の帯磁データ記憶装置を構築したと報告した。

それは、1つのビット当たりちょうど12の原子(情報の基本単位)を使用し、わずか96の原子に1バイト(8ビット)を押し込んだ。

現代のハードドライブと比較すると、1バイト当たり5億を超える原子をまだ必要としている。

チームは、2012年01月13日金曜日の週刊科学雑誌サイエンス(weekly journal Science)で紹介している。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

Science 13 January 2012:
Vol. 335 no. 6065 pp. 196-199
DOI: 10.1126/science.1214131
* Report
Bistability in Atomic-Scale Antiferromagnets
1. Sebastian Loth1,2,*,
2. Susanne Baumann1,3,
3. Christopher P. Lutz1,
4. D. M. Eigler1,
5. Andreas J. Heinrich1,*

+ Author Affiliations
1.IBM Research Division, Almaden Research Center, 650 Harry Road, San Jose, CA 95120, USA.
2.Max Planck Research Group–Dynamics of Nanoelectronic Systems, Centre for Free-Electron Laser Science, Hamburg, and Max Planck Institute for Solid State Research, Stuttgart, Germany.
3.Department of Physics, University of Basel, Klingelbergstrasse 82, 4056 Basel, Switzerland.

1. *To whom correspondence should be addressed. E-mail: heinrich@almaden.ibm.com (A.J.H.); sebastian.loth@mpsd.cfel.de (S.L.).

* Received for publication 19 September 2011.
* Accepted for publication 28 November 2011.

「CFEL」は、ハンブルグのDeutsches Elektronen-Synchrotron DESYの調査センターとMPG(Max-Planck-Society/マックス・プランク研究協会)、ハンブルグ大学(University of Hamburg)のジョイント・ベンチャーである。

DESY調査担当ディレクターのエドガー・ベッカート(Edgar Weckert)は、「CFELで、パートナーは、広範囲の訓練を横切ってトップレベルの研究を伝えて、DESYキャンパス上の革新的な機関を設立しました。」と言った。

nanometreデータ記憶装置は、カリフォルニア州サンホセのIBMアルマデン研究センター(IBM's Almaden Research Center in San Jose, California)でSTM(scanning tunneling microscope/走査型トンネル顕微鏡)の助けを借りて原子によって作られた。

研究者は6つの原子各々に列を作ってそれらを整列させて、規則的なパターンの鉄の原子を構築した。

2列が1ビットを格納するのに十分で、1バイトは、相応して8組の原子列から成りたっている。

それは、4×16 nanometres(1mmの100万分の1であるnanometre)のエリアだけを使用する。

サイエンス紙の第一著者でCFELのセバスチャン・ロス(Sebastian Loth)は、「これは、現代のハードドライブと比較して、100倍高い記録密度に相当します。」と言っている。

データはナノ記憶装置に書かれており、STMの助けを借りて記憶装置から読み取られる。

組の原子列には2つの可能な磁性状態があり、2つの値「0」および古典的ビットのうちの「1」を表わしている。

ナノ磁石は、摂氏マイナスの268度(5ケルヴィン)の霜が降る温度で安定しているが、より弱いパルスは構成を読み取ることを可能にしている。
研究者は、多くの約200の原子が、室温で安定していることを期待してる。

まだ、データ保存の中で原子磁石を使用することができる前に、ある程度の時間はかかると言っている。

ただし、原子までいってしまったのでこれ以上小さくはならない。
また、重要なことは、安定性と言える。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。