2011年12月07日

カッシーニ宇宙船の視界は、土星の輪と月だけを切り取った。

NASAは2012年01月12日に、カッシーニ宇宙船(Cassini spacecraft)が備えた狭角カメラ(narrow-angle camera)の可視赤信号中でが2011年12月07日に撮影した土星の環のライン(line of Saturn's rings)は、土星の月テーテュース(Tethys)およびタイタン(Titan)の視界だけを切り取った視点を公開した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

より大きなタイタン(3,200マイル、あるいは5,150km)は、左側上にあり、テーテュース(660マイル、あるいは1,062km)は画像の中心に近い。

この視界は土星に面する側の月テーテュースとタイタンに面している。
さらにこの角度は、輪飛行上で輪が北の日で照っている側を示している。

視界は、タイタンからおよそ140万マイル(220万km)、テーテュースからおよそ190万マイル(310万km)離れて得られた。

イメージ規模は、テーテュースの1つのピクセル当たり8マイル(13km)および、タイタン上で12マイル(19km)になる。

カッシーニ=ヒューゲンス・ミッション(The Cassini-Huygens mission)は、NASA、ESA(European Space Agency/欧州宇宙機関)およびイタリア宇宙機関(Italian Space Agency)の共同プロジェクトである。

パサデナのカリフォルニア工科大学(California Institute of Technology in Pasadena)の1部門ジェット推進研究所(Jet Propulsion Laboratory)は、NASAの科学ミッション理事として、ワシントンD.C.のためのミッションを管理している。
カッシーニ・オービターおよびその内蔵の2台のカメラはJPLで設計され、開発され、組み立てられた。
イメージング司令センター(imaging operations center)は、コロラド州ボールダーの宇宙科学研究所(Space Science Institute in Boulder, Colo.)に基づいている。

Image credit: NASA/JPL-Caltech/Space Science Institute

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告