2012年01月14日

今度はロシアの宇宙探査機が落ちてくる!

BBC Newsは、ロシアが打ち上げに失敗した火星探査機「Phobos-Grunt(Фобос-Грунт)」が、恐らく日曜日に地球へ落ちてくると報告した。

宇宙船は最近、高度を急速に落としており、それが破壊される場合、まもなく大気のトップへ引かれると予測されている。

火星探査機「Phobos-Grunt」は、打ち上げ時に重さ約13メートルトンであった。

しかし、このわずかしか地表へ通り抜けくることはない。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

宇宙機関「Roscosmos」は、わずか200kgくらいしか恐らく示唆しないと推測する。
ただし、火の突進で残留が生き残ると予測している。

軌道上デブリ・エキスパートは、大きな不確実性が再突入出来事を予言する際にあり、地球で、最終降下がいつ、あるいはどこで生じるか正確に予測することが現在可能ではない、と言った。

イギリス宇宙機関(UK Space Agency)の技師長であるリチャード・クラウザー教授(Prof Richard Crowther)は、
「予測用の主な不確実性は宇宙船が軌道の中で遭遇する大気密度です。しかし、中へ入るとともにそれはさらに乗り物のオリエンテーションにより変わります。」
「それは、非常に速く倒れることができます。また、部分が落ちる場合、それはすべて軌道、および残骸はどこに衝撃を与えるかもしれないかを変更する。」と説明した。

2011年9月に米国のUARS衛星、10月にドイツのRosat望遠鏡に続いて、4か月で3番目の注目される宇宙船再突入になる。

UARS衛星とRosat望遠鏡は、海洋上に落ちた。
地球は海でカバーされた部分が多いので、火星探査機「Phobos-Grunt」も海洋上に落ちる可能性が高い。

火星探査機「Phobos-Grunt」のミッションは、火星の月フォボスから岩片をすくい上げて、かつ地球研究所の研究用にそれらを戻す、大胆な計画で、過去数10年間で最も刺激的なロシアの宇宙科学ベンチャーであると考えられていた。

多くの注意が、ミッションを終えるために必要とされる13メートルトン以上の燃料の量に注目されている。

「Phobos-Grunt」には、UDMH(Unsymmetrical DiMethylHydrazine)とDTO(Dinitrogen TetrOxide)という有毒の推進薬でタンクは満たされていた。

しかし、タンクはアルミニウムで作られ、それは比較的低い融解温度を持っている。
アナリストは、タンクが破裂するだろうと確信している。
また、どんな残骸も地表に届くかなり前に、破壊され、分散すると予測されている。

ただし、これだけ大きなものを多く打ち上げるようになり、いつか必ず陸地に落ちてくる。

何が落ちてきても、絶対に拾いに行かないことである。
間違えると、死ぬ!

* 8 Nov (GMT): The probe launched successfully on its Zenit rocket from the Baikonur Cosmodrome
* It was dropped off 11 minutes later in an elliptical orbit some 345km above the Earth
* Two firings from the probe's hydrazine-fuelled cruise stage were planned over South America
* The first, lasting 11.5 minutes, should have raised the orbit of Phobos-Grunt to 4,000km
* A second burn, four hours into the mission, was to have sent the probe on a path to Mars
* But Russian engineers later confirmed that neither burn took place
* Controllers have had only limited radio contact with the probe; mission recovery was not possible
* Re-entry is now imminent; 20-30 fragments are expected to survive the descent to Earth

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。