on-the-time.jp

2012年01月14日

テスコは、最高執行責任者の自社株販売を防衛!?

BBC Newsは、スーパーマーケット大手のテスコ(Tesco)は、イギリスの最高執行責任者が£200,000以上の株を売を売ることがが承認されたたことに対し、価格を左右する情報を所有していなかった言い、自信満々に擁護したと報告した。

ノエル「ボブ」ロビンズ(Noel "Bob" Robbins)が彼の持ち株の5%未満を売ると付け加えた。

テスコは木曜日2012年01月12日に、過去数10年間で彼最悪のクリスマス販売成績を報告した。

会社がその英国クリスマス販売成績を明らかにする1週間前に、ロビンズは2012年01月04日に404.5pで50,000株を売った。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

最高経営責任者フィリップ・クラーク(Philip Clarke)によって承認されたその株販売は、役員が重要な取引最新版の前に株を売るのを妨げる「接近している期間」の3日に先立って起こった、と報告書が述べている。

ステートメントで、テスコ・スポークスマンは、
「ボブ・ロビンズは、必要な家計支出のためにテスコの中の彼の本質的な持ち株の5%未満を売りました。」
「その販売(それは接近している期間内になされなかった)は通常の方法で承認されました。」
「私たちは、ボブの販売が承認された時の任意の価格を左右する情報を所有していなかったと確信しています。」と言っている。

販売がなされた後まで、テスコはそのクリスマス取引期間を完成しなかった、とそのステートメントで言った。

「主として2012/13の利益ガイダンスおよび英国の投資計画についての発表により、実際、木曜日の株価中の重要な移動はそうだったと私たちは信じます。」
「ボブは、販売を行った時の利益ガイダンスあるいは投資計画のまわりの議論の加担者ではありませんでした。」

その会社は、上級管理のメンバーとして、ノエル「ボブ」ロビンズが少なくとも彼の基本給と等価な値を備えたシェアを占めることを要求されると言い、この販売に続いて、彼は、この最小必要量以上に本質的にもち続けるだろう、と付け加えた。

つまり、インサイダー取引ではなかったと主張した。
ただし、ギリギリの売り逃げである。

2012年01月12日の株価暴落は、倒産状態と言える。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告