2012年01月12日

インド、ポリオ根絶を宣言!

美容と医学の科学

BBC Newsは、インドは固有のポリオ(polio/急性灰白髄炎)ウイルス国としてのステータスを終了する軌道の上にそれを置いて、すでに1年間ポリオの新しいケースがないと職員は言ったと報告した。

数週で、サンプルを保留にして場合、ウィルスには否定のテスト結果が出る、インドは、その歴史上で初めてポリオがないと公式に認められることになる。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

WHO(World Health Organisation/世界健康機構)これを重大なマイルストーンと評した。

インドは、ポリオの震央として、取り組むのがとても難しかった国として以前は見られていた。

また、顕著なテストが予想通りに否定であると分かれば、WHOはインドが固有を止めたと公式に宣言を送信すると考えられている。

それは同時に、パキスタン、アフガニスタンおよびナイジェリアという3つのポリオ固有の国々だけが残されることを意味する。

WHOのポリオ根絶プログラムのスポークスウーマンであるソナ・バーリ(Sona Bari)は、しかしグローバルなキャンペーン全体として、これがインドのためにだけでなく、非常に重要であると言った。

彼女はBBCに、「インドの成功は耐えられます。」
「ポリオを根絶することは、生物学上技術的に実現可能である。」と彼女が伝えた。

インドでウィルスの最終貯蔵は、最も貧しく、最も人口の多い状態のうちの2カ所ウタルプラデシュ(Uttar Pradesh)とビハール(Bihar)にあった。

両方にはさらに多くの季節労働者数および弱い保健インフラがあった。

ここでは、すべて包括的な予防接種のプロセスをもっと挑戦させた。

私は、インドには無理かと1970年代に感じた。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。