AD SPACE

2012-01-12

アフガニスタンのアヘン相場133%上昇!

麻薬とメディア

BBC Newsは、国連がアフガニスタンのアヘンの価格は、2011年に劇的に上昇したと言ったと報告した。

アフガニスタンのケシ農民は恐らく昨年US$14億以上を稼ぎ、アフガニスタンのGDPの9%になったと推測した。

[AD] You can advertise on this site.

ポピー作物が菌類病によって打たれた後、価格は2010年に上昇し始めた。

国連のドラッグと犯罪上オフィス(Office on Drugs and Crime)のヘッドであるユーリー・フェドートフ(Yury Fedotov)は、アヘンがアフガニスタンでタリバンの暴動および燃料を供給された腐敗に資金提供するのを支援したと言い、「アヘンはアフガニスタンの経済の有効部分です。」と言った。

生産に関する年次調査「Afghanistan_opium_survey_2011」を実行するオフィスによれば、世界のアヘンの約90%はアフガニスタンから輸出されている。

2010年に菌類病によって影響を受けたポピー耕作のエリアは回復した。
また、産出も戻った。

農民がより高い市場価格に応答したとともに、昨年の調査は、ポピー植林の上昇を予言した。

100ヘクタール未満のアヘン栽培を持つと推測された「"ポピーがない"宣言(declared "poppy-free")」をした3つの田舎「Kapisa」「Baghlan」「Faryab」が、今、ポピー耕作によってもう一度影響を受けた。

アヘンは開花の後にケシの実頭によって作られた樹液で作られる。

これはモルヒネ。その後、洗練することで。それは違法薬物の売買のために、処理してヘロインを作ることができる。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.