2012-01-13

鳥インフルエンザは、南アフリカのダチョウ飼育場を空にした。

BBC Newsは、南アフリカのダチョウ農民は何千もの鳥が、鳥インフルエンザの最悪の発生のうちの1つにえり分けられた後、対処しようと努力していると報告した。

EUがウィルスを広げることをやめるために低いコレステロールの肉の輸入を禁止して以来、南アフリカのダチョウ肉の最も大きな市場であるヨーロッパへの輸出品は転落した。

何人かの農民は、南アメリカへダチョウの羽を輸出することによってビジネスを救い出すことができた。

それらは派手なリオのカーニバルで使用される。

ケープタウンから約450km(279マイル)の町オウツフールン(Oudtshoorn)は、南アフリカでダチョウ産業の中核地域である。

ハイゲート・ダチョウ・ショー・ファーム(Highgate Ostrich Show Farm)は、庭を清潔にする数人の労働者以外、他の誰もいない、空の光景が広がっている。

何百もの地方のビジターおよび国際的なビジターが、訓練されたダチョウ、革のような高級ダチョウ製品および羽毛を買い。
乗るかあるいは鳥に食物を与えて単に時間を過ごすために、通常は多くが訪れている。

しかし、ビジターが見るべきダチョウが居ない。それらがすべてえり分けられた。

「ウィルスが数か月前に私たちの農場で発見された時、当局は来て、私たちの鳥をすべて取り去りました。」と言っている。

そのエリアで死んだ40,000羽のダチョウの一つで、ウィルスを持っているか、感染した鳥と接触した。

肉がすべて捨てられた。
38人の従業員をすべて解雇し、農場を閉じなければならなかった、と言った。
彼と労働者は今失業中である。

農場労働者は、彼らの間の130人を超える従者を持っていた。
また、それらは再び給料を得たい。

「それがすべて非常に速く起こった」ので、スタッフに起こっていたことの準備をさせる時間がさえなかったと言っている。

このエリアのダチョウ産業は20,000人の直接雇用の原因であった。

たとえ肉輸出者でなくても、禁止が解除されるまで、再度農場に住むことから締め出された。

職員は、ウィルスが人間を脅かすかどうか言うことができない。
しかし、それらは危険を冒していない。
したがって、今のところ、鳥はすべて危険と潜在的に考慮されている。

日本や中国のように、小さな片手で何羽も持ているニワトリではない。
巨大きな鳥ダチョウである。

そう言えば、ダチョウの理屈、ダチョウの屁理屈と言われ、飛べないダチョウが地べたを走るだけだが、自分より強い野獣に襲われ、逃げ場を失うと砂に頭を突っ込み、周りが見えなくなると、自分が外的に食われようとしていることを忘れ、現実逃避しようとするという言い伝えであるが、実際はそんなことは起こりそうもない。

オウツフールン(Oudtshoorn)のGoogle Earthポインター情報
33°35'12.94"S,22°11'53.70"E
または、
-33.586928, 22.198250