AD SPACE

2012-01-12

日本は、イランからの石油輸入を縮小。

BBC NEWSは、日本は、イランに対するその油依存性を縮小するために「具体的措置」をとるだろう、と財務相が発表したと報告した。

安住淳財務大臣(Finance Minister Jun Azumi)が、東京で米国債長官ティモシー・ガイトナー(US Treasury Secretary Timothy Geithner)に会った後、この発表があった。

ティモシー・ガイトナーは、テヘランの核野心を抑制しようと企てて、イランの製油業に対するより厳密な制裁のために、中国および日本から後退を求めていた。

ティモシー・ガイトナーは、北京で2012年01月10日水曜日に、中国のリーダーと論争を引き起こしたが、同じ公的支援を得られなかった。

[AD] You can advertise on this site.

ティモシー・ガイトナーと安住淳財務大臣と合同記者会見で、
「過去5年で、輸入された(イランから)油の量を私たちは縮小しました。」
「私たちは計画されていた量から、、促進するべき具体的措置はこのシェアを縮小します。それは今10%です。」
と言った。

日本はイランの石油のための2番目に大きな顧客で、既にどんな不足も構築する彼らの輸出品を増加させるように湾のアラビア人の国に要求した。

それは、福島の核危機から電気を起こすために増加する量の火力を使用しているとともに、供給はとても必要であった。

ティモシー・ガイトナーは、中国で無視されたことから、日本のレスポンスを歓迎した。

北京でティモシー・ガイトナーは、2012年01月10日水曜日に温家宝首相(Premier Wen Jiabao), 習近平副主席(Vice-President Xi Jinping/习近平) and 李克強副首相(Vice-Premier Li Keqiang/李克强)に会い、火曜日に王岐山副首相(Vice Premier Wang Qishan)に会っていた。

中国は、輸入削減はしない変わりに、イランに対する米国制裁の音声支援、それは、テヘランと国際原子力機関がすることを望んだと言いました「ストレス協力。」
さらに、それは、イランの石油業界を核問題にリンクされるべきでないと繰り返した。

中国は、声だけに支援と共に、米国の非難までしている。

中国は、イランの石油輸出の3分の1をほとんど買い、過去のテヘランに対するいわゆる米国の一方的なアクションを拒絶した。

中国の首相温家宝は、今週末サウジアラビア、カタールおよびアラブ首長国連邦の石油とガスの産出国を訪れる予定で、中国がそのエネルギー供給用に他のオプションを求めていてもよいというサインを明らかにした。

イランの核プログラムをめぐる高まる緊張の中で、イランの原子物理学者は、バイク・ライダーによって自動車に固定された磁石爆弾によって殺された。
テヘランは、この攻撃でイスラエルを非難した。

イランは、その核プログラムが発電目的だけのためにあると言い、さらに癌治療に必要だといている。

売るほど石油がある国に、原子力発電所が必要かと言う疑問が指摘されている一方、イランは癌を治療しているベネズエラのチャベス大統領(Venezuelan President Hugo Chavez)を始め、中南米の癌に犯されている大統領を表面に打ち出している。

キューバは、イランマフムード・アフマディネジャド(Mahmoud Ahmadinejad)大統領の訪問を歓迎している。

米国がイラン包囲網を作ろうとすると、穴の空いたザルのように中南米がイランに協力し、団結している。

実に不思議な状況である。

日本の対応と、中国の対応のどちらが正しいのか?

* Argentine President Cristina de Kirchner: underwent surgery for thyroid cancer in January 2012 but it was found to be a misdiagnosis
* Former Brazilian President Luiz Inacio Lula da Silva was diagnosed with throat cancer in October 2011 - doctors say the 66-year-old is responding well to chemotherapy and should make a full recovery
* Venezuelan president Hugo Chavez flew to Cuba in June 2011 to have a cancerous tumour removed - he says he has made a full recovery, but never disclosed what kind of cancer he was suffering from
* Paraguayan President Fernando Lugo was diagnosed with lymphoma cancer in August 2010 but is now in remission after chemotherapy
* Brazil's president Dilma Rousseff received treatment for lymphoma cancer in 2009 and has fully recovered

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.