on-the-time.jp

2012-01-12

世界最大の風力タービン・メーカー「Vestas」は、2,335人削減。

福島の原発崩壊で注目され、未来企業として期待され、業績が良いと言われてきた地球に優しい風力発電であったが、風力タービンで世界最大の生産者デンマークの会社ヴェスタ(Vestas)は、2,335の仕事をカットすることを計画していると言ったと、WSJ(Wall Street Journal/ウォール・ストリート・ジャ−ナル)は報告した。

[AD] You can advertise on this site.

それは、全体の10%を放棄することで、26の工場のうちの1つを閉じる。
またコスト削減プランでの再編成で、会社の長期的な将来を保証するのに、投資者は上級管理について考えることが、必要かもしないと言っている。

ヴェスタは、さらに2012年の終わりまでに終了するといわれている生産税控除(production tax credit)として知られている再生可能エネルギー補助金を米国の議員が拡張しなければ、米国ヴェスタの中でさらに1,600人の従業員の一時解雇に結びつくかもしれないと木曜日に警告し、2012年の終わりに米国のオペレーションの可能なスケールダウンの準備をし始めるだろうと言った。

解雇は、国内市場デンマークの約1,300の余剰を含む、とヴェスタが言った。

太陽光発電も、風力発電と同様に、現実はかなり厳しいことだろう。

未来企業は、この経済状況で、現在に生き残れなくなってきた。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.