2012-01-12

天の川の真実の「色」

BBC Newsは、天文学者が私たちのホーム銀河である天の川(ミルキーウェイ/Milky Way)に正確な色をつける決定をし、それを適切に名前を付けられるように調べていると報告した。

彼らは、私たちの銀河が外部からどのように見えるかを明らかにしようとしている。

地球は、その与えられた困難なタスクの内部にある。

他の銀河中の星タイプの比較は恐らく驚かない「白い」とう、結果をもたらすことだろう。

しかし、単なる任意の白ではない。

[AD] You can advertise on this site.

この発見は、第219回米国天文学会(219th AAS/219th American Astronomical Society)の会合で発表された。

ピッツバーグ大学のジェフリー・ニューマン(Jeffrey Newman of the University of Pittsburgh)はBBC Newsに、
「天文学者にとって、最も重要なパラメーターのうちの1つは実際に銀河の色です。」
「それは銀河中の星が何歳かを私たちに基本的に伝える。それは、どれくらい最近星を形成しているか。それらは今日生じていますか。それとも、その星は何十億万前に作られたか。」と述べた。

「しかし、内部からのミルキーウェイを見て、私たちであるだけではなく、しかし、私たちの見解はほこりによって遮られます。それはそれより悪い。」
「私たちは任意の方角で約1あるいは1000光年から2000光年だけを見ることができます。」

したがって、ニューマン教授および彼の学生ティム・リクイア(Tim Licquia)は、私たちが見ることができる他の銀河の地図の上にミルキーウェイを置くことに取り掛かった。

それらは約100万の銀河についての情報と共に、スローン・デジタル・スカイ・サーベイ(Sloan Digital Sky Survey)からデータを集めた。

それらは、他の銀河中の近いマッチを捜して、スター形成の割合と同様にそれらのデータを天の川中で全積載物重量に関してそれらが知っていたものと比較した。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE