AD SPACE

2012-01-12

健康と食糧安全の利点を変更できる気象環境。

美容と医学の科学

NASAは、重要な大気汚染制御が測定するNASA科学者リードされた最近の研究によって、ハイライト14が実行された場合、地球温暖化のペースを遅くすることができ、健康を増進することができ、農業生産を押し上げることができたと報告した。

ニューヨークシティーで、NASAのGISS(Goddard Institute for Space Studies/宇宙研究のためのゴダード研究所)のドルー・シンデル(Drew Shindell)の率いる研究で、2050年までに地球温暖化を 0.9 ºF (0.5ºC)遅くできたら、グローバルな収穫量を1季節当たり1億3500万メートルトン増加させ、毎年何十万もの若死を防ぐことができると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

ドルー・シンデルは、
「私たちは、気候利点を最大限にすると、選ばれた特定の実際的な放射縮小の実行が人間の健康および農業のための重要な「ウィンウィン」の利点をさらに持つであろうことを示しました。」と言った。

この研究は、科学雑誌「サイエンス(Science)」では2012年01月12日に公開された。

Simultaneously Mitigating Near-Term Climate Change and Improving Human Health and Food Security
1. Drew Shindell1,*,
2. Johan C. I. Kuylenstierna2,
3. Elisabetta Vignati3,
4. Rita van Dingenen3,
5. Markus Amann4,
6. Zbigniew Klimont4,
7. Susan C. Anenberg5,
8. Nicholas Muller6,
9. Greet Janssens-Maenhout3,
10. Frank Raes3,
11. Joel Schwartz7,
12. Greg Faluvegi1,
13. Luca Pozzoli3,†,
14. Kaarle Kupiainen4,
15. Lena Höglund-Isaksson4,
16. Lisa Emberson2,
17. David Streets8,
18. V. Ramanathan9,
19. Kevin Hicks2,
20. N. T. Kim Oanh10,
21. George Milly1,
22. Martin Williams11,
23. Volodymyr Demkine12,
24. David Fowler13

+ Author Affiliations
1.NASA Goddard Institute for Space Studies and Columbia Earth Institute, Columbia University, New York, NY 10025, USA.
2.Stockholm Environment Institute, Environment Department, University of York, York YO10 5DD, UK.
3.Joint Research Centre of the European Commission, Ispra 21027, Italy.
4.International Institute for Applied Systems Analysis, Laxenburg A-2361, Austria.
5.U.S. Environmental Protection Agency, Washington, DC 20460, USA.
6.Department of Economics, Middlebury College, Middlebury, VT 05753, USA.
7.Department of Environmental Health, Harvard School of Public Health, Boston, MA 02215, USA.
8.Argonne National Laboratory, Argonne, IL 60439, USA.
9.Scripps Institute of Oceanography, University of California, San Diego, San Diego, CA 92093, USA.
10.Asian Institute of Technology, Bangkok 10400, Thailand.
11.Environmental Research Group, King’s College London, London SE1 9NH, UK.
12.United Nations Environment Programme (UNEP), Nairobi 00100, Kenya.
13.Center for Ecology and Hydrology, Midlothian EH26 0QB, UK.

+ Author Notes
Present address: Eurasia Institute of Earth Sciences, Istanbul Technical University, Istanbul 34469, Turkey.
1.To whom correspondence should be addressed. E-mail: drew.t.shindell@nasa.gov

Science 13 January 2012: 183-189. [DOI:10.1126/science.1210026]
* Received for publication 20 June 2011.
* Accepted for publication 28 November 2011.

ドルー・シンデルと国際的なチームは、約400の抑制措置をオーストリアのラクセンブルグ(Laxenburg, Austria)の国際応用システム分析研究所(International Institute for Applied Systems Analysis)によって評価された技術に基づいて考え出された。

最近の研究は最も大きな気候利益を備えた14の手段に注目した。

14の手段はすべて、黒い炭素(black carbon)とメタン(methane)のいずれかの放出、気候変化を悪化させる汚染物質、および人間か、プラント健康を直接あるいはオゾン形成に結びつくことによって抑制する。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.