AD SPACE

2012-01-12

ジェームズ・ボンドの悪漢は、原子力に悪いイメージと非難!

BBC Newsは、ジェームズ・ボンドの映画の中で登場する悪漢は、原子力のイメージ(image of nuclear power)を有害に永続的な影を落とたことで非難されている、と化学の英国学士院(Royal Society of Chemistry)のプレジデントが言ったと報告した。

デービッド・フィリップス教授(Prof David Phillips)は、Dr Noの個人の原子炉と共に、少しもなく、原子力に対する「過激に冷酷な」評判を作成するのを支援したと言った。

デービッド・フィリップス教は、映画の50周年記念に先立って話した。

[AD] You can advertise on this site.

化学団体は、原子力の「復活」を望むと言った。

デービッド・フィリップス教授は、1962年からの映画が作成しなかったDr No の人気と言い、永続的に原子力のマイナスのイメージ「危険なもの」として、世界征服への大望を持った誇大妄想者によってそれを用いることができるかもしれないと言っている。

映画の悪影響は、科学だけではなく、人種差別などでも固定概念を植え付ける。

映画では、彼の秘密のカリブ海の隠れ家からの大量破壊を立案した悪漢は、ショーン・コネリー(Sean Connery)によるジェームズ・ボンド(James Bond)によって妨害されて、彼の原子炉で冷えるプールの中で結局、死にぬ。

冷戦の背景および核兵器開発競争に対して、映画は、情報局、魅惑的なスパイ、隠し立てする暗殺者および地下実験室の世界を示した。

しかし、化学の科学作品を促進する化学の英国学士院は、さらに、映画を見た何百万もの人々は、その核技術が「弊害のためのかろうじて制御可能な力」として示されるのを見ることを意味したと言った。

このメッセージは、緑の党(Green Party)によって受理されなかった。
緑の党のスポークスマンであるペニー・ケンプ(Penny Kemp)は、「ジェームズ・ボンドはフィクションであるが、真実は、原子力が危険で汚く、安全でないということです」といった。

「人々の知覚はもっぱら世界によって影響を受けたと思うことは起こりそうもありません。十分でない、しかし、この映画はチェルノブイリ災害の後に来ました。
したがって、そして正しく、そのように映画は単に実際の恐れ民族を選んでいました、原子力に持っています。」

そこでもう一言デービッド・フィリップス教授にがんばって欲しかった。

緑の党は、ジェームズ・ボンドを肯定したが、MI5やMI6と言ったスパイ組織にも肯定的か?

グリーンピース(Greenpeace)のリチャード・ジョージ(Richard George)は、
「1握りのバンドの映画は核工業の評判を汚していません。」
「それらはどうにかそれにすべてを独力でもたらしました。「
「私は、しかし、それらは極秘偽の火山島を得ていないと思います。」
「しかし、もしそれらが行えば、原子力発電所より構築するほうが恐らく安いでしょう。」
と言っている。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.