gaYa広告

2012年01月12日

香港は、世界で最も自由な経済のトップ・スポットを保持した。

BBC Newsは、保守的なシンクタンクであるヘリテージ財団(Heritage Foundation)によってコンパイルされたランキングによれば、世界で最も自由な経済としてのその地位を保持したと報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

シンガポールが2番目で、その後にオーストラリア、ニュージーランドおよびスイスが続いた。

評価インデックスは、法の支配、規定する効率、政府のサイズおよび公開市場を見ることにより、経済的自由を評価している。

2012年の報告書は、世界の経済的自由が去年にわたって全体として傾いたと述べた。

ヘリテージ財団の会長とエドウィン・フェルナー(Edwin Feulner)は、
「ほとんどのその衰退は、世界的に財政支出の大きな増加によります。」
「政府は、経済成長を再開する必需品として、この支出を正当化しました。しかし、それはうまくいきませんでした。」
「私たちは、市場にそれが何を行うことができるか示す機会を与える時間であると思います。」と彼が付け加えた。

北米とヨーロッパは、去年にわたって経済的自由の下落を受けた。
その一方で経済的自由はアジアおよびサハラ以南のアフリカで増加した。

米国は、2011年の9番目の場所から下降して、第10に来た。

8位にランクしたモーリシャス(Mauritius)はトップ10に入った最初のサハラ以南のアフリカの国だった、とエドウィン・フェルナーが言った。

香港は18年連続してそのトップのランキングを保持した。
しかし、エドウィン・フェルナーは、シンガポールが「そのギャップを狭くしていた。」と言った。

その報告書は、昨年5月の最低賃金の導入が「より官僚的で政治色を帯びた経済の方向に香港を適度に移動させた。」と述べた。

イギリスは2011年のうちの16位から上昇して、14番目の場所に入った。

1 Hong Kong
2 Singapore
3 Australia
4 New Zealand
5 Switzerland
6 Canada
7 Chile
8 Mauritius
9 Ireland
10 United States
11 Denmark
12 Bahrain
13 Luxembourg
14 United Kingdom
15 The Netherlands
16 Estonia
17 Finland
18 Taiwan
19 Macau
20 Cyprus
21 Sweden
22 Japan
23 Lithuania
24 Saint Lucia
25 Qatar
26 Germany
27 Iceland
28 Austria

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。