2012年01月12日

カトリーヌ・ドヌーブがチャップリン賞を受賞!

BBC Newsは、「インドシン(Indochine)」および「最後のメトロ(The Last Metro)」に主演したことで最もよく知られているフランスの女優カトリーヌ・ドヌーブ(French actress Catherine Deneuve)は、米国で名誉あるチャップリン賞(Chaplin Award)を受け取ると報告した。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

ロマン・ポランスキー(Roman Polanski)とフランソワ・トリュフォー(Francois Truffaut)と仕事をした68歳の女優カトリーヌ・ドヌーブは、4月にFSLC(Film Society of Lincoln Center/リンカンセンターの映画協会)によって尊敬される。

カトリーヌ・ドヌーブは昔から好きだったが、あの児童愛犯罪者で監督の性にだらしがないロマン・ポランスキーと一緒に仕事をしたと聞いてこめかみが痛くなる。

これまでに、チャップリン賞を受賞したのは、マーチン・スコセッシ(Martin Scorsese)、トム・ハンクス(Tom Hanks)およびロバート・アルトマン(Robert Altman)などがいる。

FSLC監督ローズ・クウ(Rose Kuo)が、「それはカトリーヌ・ドヌーブに、過去の受勲者リストを連結させる名誉になるでしょう。」と言っている。

カトリーヌ・ドヌーブは10代に、1957年の「Les Collegiennes」で映画界に入った。米国ではこの映画を「The Twilight Girls」として知られていた。

彼女は、1964年のジャック・ドミー(Jacques Demy)の音楽映画「Les Parapluies de Cherbour(The Umbrellas of Cherbourg/シェルブールの雨傘)」で一気に有名になった。

1992年の映画、「インドシン(Indochine)」でアカデミー賞に指名された。彼女にシーザー賞(Cesar Award)をもたらした。

彼女の最新の映画「Les Bien-aimes (The Beloved/愛人)」は、2011年のカンヌ国際映画祭(Cesar Award)で遮られた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト