on-the-time.jp

2012-01-12

イスラエルは、パレスチナ人配偶者の市民権を禁止!?

BBC Newsは、イスラエルの最高裁判所は、イスラエルの市民権の獲得するために、イスラエル人と結婚するパレスチナ人を禁止する法律を支持した。

市民権運動グループは、その法律が違憲だったと言って、法律をひっくり返すように法廷に請願した。

「人権は全国自殺を規定しません。(Human rights do not prescribe national suicide)」とアセル・ギリニス裁判官が判決文で書いた。

[AD] You can advertise on this site.

この法律は、2003年に導入された。
また、その後援者およびイスラエルが、ユダヤ人の大多数の状態のままであることを保証する必要は、セキュリティ上の問題を引用した。

つまり、イスラエルでユダヤ人の身を守るためには、人権どころではないと言うことだろうか!?

そんな場所に住まなくてはならないイスラエル人の心理状況は、凄まじいことだろう。
われわれには理解できない。

人権活動家およびアラビア人の政治家は法廷の決定を非難した。

バラド(Balad)党のアラブ・イスラエルの議員ジャマル・ザハルカ(Arab-Israeli MP Jamal Zahalka)は、法廷は「公正のテストに失敗した。」と言った。

イスラエル市民権のための協会弁護士はAFPに、「判決は、イスラエルのアラビア人少数の市民権に関する状況が非常に危険で先例がない状況へどれくらい断わっているか証明します。」と言っている。

自爆テロの波がイスラエルを対象としたので、市民権と入国の法律は第2パレスチナ・インティファーダ(the second Palestinian intifada/暴動)中の2003年に言い渡された。

イスラエルのアラビア人の支援でいくらか、多数が西岸から始められた。
法律はそれ以来周期的に拡張された緊急立法であった。

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.