2012年01月01日

どうなる2012年のヨーロッパ!右を見ても、左を見ても真っ暗闇!

BBC Newsは、多くの経済学者が2012年に後退を予言するように、ヨーロッパのリーダーは困難な今後の年を注意したと報告した。

しかし、多くの経済学者は、2008年の大恐慌を予測はしたが、回避方法を知らなかった。

ドイツのアンゲラ・メルケル首相(German Chancellor Angela Merkel)は、ヨーロッパがその「数十年間で最も厳しいテスト」を経験していたが、ヨーロッパの累積債務危機においてより接近しているようになっていた、と言った。

フランスのサルコジ大統領(France's President Sarkozy)は、イタリアの大統領がより多くの犠牲を要求した一方、危機は終了されなかったと言いました。

政府が累積債務危機によってやむを得ず支出をなで切りにしたように、ヨーロッパの成長は止まった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

2012の前半のヨーロッパで、彼らが後退へのリターンを予期したとBBCによって獲得された主要な経済学者が言ったとともに、リーダーの新しい年メッセージは来た。

政府は、それらが既に、借りた延滞金を払うことができないのではないかと貸し主が心配するとともに、イタリアとスペインを含むユーロ圏の最大の経済のうちのいくつかのために借りるコストは、最近の数か月に急増した。

成長を小屋に入ったまま、圧力は単一通貨を使用して、債務契約を果たすために支出をカットするためにものだけでなくヨーロッパを横断した政府にある。

その恐れは、イタリアの巨額借金へのヨーロッパを横切って、銀行の接触が引き金となって起きた潜在的な別のクレジット・クランチに今注目している。

ドイツのアンゲラ・メルケル首相はテレビ演説で、ドイツの比較的よい経済状態にもかかわらず、「2012年は確かに2011年より困難になります。」と言った。

「それを克服する道[累積債務危機]は長いままです。また、後退なしではではなくこのパスの端に、ヨーロッパは、それがそれを入力したときだった危機からより強く再出現するでしょう。」

彼女は、2008の金融危機の中で、「より容易な日常生活および私たちのより強い経済」で、ユーロを防御した。そして、より悪いものから保護された。

社会党のライバルのフランソワ・ホーランデ(Francois Hollande)を引きずる選挙年に向かって、投票のフランス大統領ニコラス・サルコジは、経済への構造変化が成長に返るために必要だったと言った。

彼がテレビ演説で、「私は、困難な2年前までに、既にテストされていたあなたのうちの多数の生命に試験がもう一度行なわれることを知っています。」
「あなたは、そのあなた自身と子どもたちをもっと心配した年を終了しています。」と彼が言った。

しかし、フランスの蓄えられたAAAのソブリン格付けの格下げを妨害するために既に予算削減を押していた後に、彼は、予算削減がこれ以上ないだろうと約束した。

「行われることになっていたことは、政府によって行われました。」と彼が言った。

サルコジ大統領は、新しい会計のコンパクト化のために、12月にEU(European Union/欧州連合)の協定の1月前半にアンゲラ・メルケル首相に会う予定にいている。

ユーロ圏で3番目に大きい経済のイタリア大統領ジョルジオ・ナポリターノ(President Giorgio Napolitano)は、「イタリアの金融崩壊」を防ぐために犠牲を払うように人々に要求した。

ジョルジオ・ナポリターノ大統領は、
「犠牲は若い人々の将来を保証するのに必要です。」
「それは私たちが回避することができない目的で、コミットメントです。」と言っている。

イタリアは、ヨーロッパが困難な取り引きを持つギリシャのスタイルの救済措置を必要とするかもしれないという恐れは、政府の借入コストを上昇させており、選ばれないエキスパートのキャビネットをリードしたマリオ・モンティ(Mario Monti)によって、シルビオ・ベルルスコーニ(Silvio Berlusconi)の置換に結びついた。

「誰もない、社会集団は、今日イタリアの金融崩壊を防ぐために国家財政の掃除に寄与するコミットメントを回避することができません。」
「特に経済が再び成長し始めれば、犠牲は無駄ではないでしょう。」とナポリターノ大統領は言った。

ギリシャの首相ルーカス・パパデマス(Greek Prime Minister Lucas Papademos)は、困難な今後の年を警告をされて、ジョルジュ・パパンドレウ(George Papandreou0が累積債務危機によってやむを得ず辞職した後、臨時の連立政権をリードするために指定されたもう一人のテクノクラートである。

彼がテレビ演説で、「私たちは、決定を備えた努力を継続しなければなりません。その結果、私たちが今まで払った犠牲は無駄になりません」と言った。

彼の政府は、ギリシアが国際的な救済措置を受け取り続けることを保証するために荒い緊縮政策を課した。

高失業率、高い税、減給および縮小された政府サービスが、打撃を与えるとともに、前内閣によって2010年に始められた緊縮政策は、集団抗議行動と暴動に結びついた。

どうなる2012年!

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト