2011年12月29日

ビルマのラングーンで爆発が起こり、少なくとも17人が死亡!

BBC Newsは、ビルマの都市ラングーンので大爆発が起こり、少なくとも17人が死亡し、90人以上が負傷したと報告した。

旧首都の東の倉庫で、合成物の中で木曜の朝早い時刻に、炎と供に突風が起こった。

原因は判っていないが、しかし、爆弾ではなかったと言っている。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

倉庫は、構築と製塩で使用される化学薬品とマテリアルを含むと言われていた。

死亡した少なくとも5人は、消防士であったことが報告された。

Mingalar Taungnyunt郡区からの警官はロイター通信社に、「多くの死傷者がいます。」と伝えた。

彼は、その数と詳細情報を確立しようとしていた。

火は倉庫の中で出火したと考えられるが、人々が眠っていた、近くの木造家屋に拡大した。

1人の職員がAFP通信社に、「爆弾の爆発ではありませんでした。」と伝えた。

証人は、爆発が非常に極度だったと言い、建物が1マイル以内遠方でも、振られた。

報告書には、最初の火に取り組んでいた約30人の消防士が爆発に巻き込まれ、負傷したと述べた。

目撃者モン・ウィン(Maung Win)はAP通信社に、「死者の多くは、爆発により通りの上へ飛ばされ、壁および石のスラブの残骸により打たれました。」と言っている。

AP通信社は、仏教徒僧院を含め、多くの近くの建物が破壊されたと伝えている。

Botahtaung郡区の居住者はAP通信社に、
「私たちは爆発から非常に大きな音を聞き、空に煙を見ました。」
「私たちの建物も爆発によって振らされました。」
「私たちは、何が起こっているか分かりません。」と言っている。

突風に取り組んで数時間、消防士疲れきっていた。

職員は、現地時間06:00(水曜日の22:30 GMT)に事故が発生し、12人の男性および5人の女性が死亡したことが承認されたと言った。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト