gaYa広告

2012年01月06日

歴史を形作った本!

BBC Newsは、BBCラジオ4(BBC Radio 4)でメルビン・ブラッグ(Melvyn Bragg)によって調査されているいくつかの影響力のあるスクリプトのうちの1として、15世紀のグーテンベルク聖書(Gutenberg Bible)は、本が受け取られ、読まれる方法を変更したと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

それは、移動可能な活版技術を使用して大量生産された最初の本物の本であった。
したがって、手で書くことが以前は書記を連れて行った時代から、数分の1で作ることができるようになった。

メルビン・ブラッグは、その本が書かれた世界、およびそれがどのように私たちの精神史を変更したかを見る番組として、グーテンベルク聖書を紹介する。

この番組で、彼はロンドンの大英図書館でグーテンベルク聖書を見で、そして次に、サー・イサック・ニュートン(Sir Isaac Newton)の学生ノートを見るためにケンブリッジ(Cambridge)へ旅行する。

そしてどのように、支援されて、書くことから、啓蒙思潮の科学革命を可能にしたかを探る。

KPMミュージック(KPM Music)による音楽は、ポール・ケルリー(Paul Kerley)によるスライドショーを補足した。

多くの人が、基礎研究をしないまま、博物館を見学するが、基礎研究と目的をも言って博物館を訪れると、まったく見方が変わっている。

私もグーテンベルクが生まれたマインツから、スコットランド人の車に乗り込み、ロンドンに出かけ、ニュートンのケンブリッジまで旅をしたことがあり、まさに、文化の足跡旅行であった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。