AD SPACE

2011-12-23

フィリピンの洪水で、行方不明者1,000人以上!

BBC Newsは、フィリピン政府が、壊滅的な台風ワシ(Typhoon Washi)の結果として、1,079人がまだ行方不明であると言ったと報告した。

嵐で、他に1,000以上は死んだと知られている。

[AD] You can advertise on this site.

それは2011年12月17日土曜日にミンダナオ島(Mindanao island)を打った。

カガヤンデオロ(Cagayan de Oro)とイリガン(Iligan)の都市の全近隣が押し流された。

前の行方不明者の数は51人であったが、職員は、新しい数は田舎の親類が、彼らが見当たらないことを直ちに理解しなかった都市出稼ぎ労働者を含んだと言った。

BBCのケイト・マクゲオン(Kate McGeown)はマニラから、当局は、新しい数がまだ正確ではないかもしれないと認めたと報告している。

全家族が死んだ場合は、まだ数えられていないかもしれない。
また、行方不明者のうちの数人も未確認の死者の一人と数えられるかもしれないと言っている。

しかし、BBCの特派員は、この災害が当局によって数えられたより、もとは考えられないほどはるかに大きいことは明らだと言っている。

フィリピン政府は、災害からの死亡者数は今のところ1,080人であるとが言った。

約338,000人が影響された。
また、10,000軒を超える家が被害を受けた。

何万もの人々が今、避難センターで暮らしている。

台風ワシは川の堤防を決壊させたとともに、地滑りに結びついて、死んだ人々のうちの多数は眠っていた。

支援組織は、資金で地元住民を助けるように懇願した。

犠牲者に水と衛生を提供するのを支援するために、国連は寄贈者からUS$2860万を求めている。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE