on-the-time.jp

2011年12月23日

DIYソーラーパネル・メーカーはチャリティーでアフリカに向った!

今年の年末は、アフリカに携帯電話充電DIY太陽のキットを!

BBC Newsは、北のロンドンの郊外の通りで、1つの終わりでドラム・セットによって一目したところに目立つ、ワークショップ兼ガレージへリードする気取らない板戸がある。

別の一目は、壁に積み重ねられたソーラーパネルの房および人、それらの解体使用中で、非常に手製の方法でそれらを再集合していることを明らかにした。

それらは、携帯電話のバッテリーを充電することができるDIYの太陽のキットであった。

それらは間に合わせに見える。
しかし、それらはケニアで人々に大きな違いを提供できる可能性がある。

日本の方が、中古のソーラーパネルは多いはずだ!

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ところが、馬鹿な政治家は、自分で働きもしないで、路上で震災被害者を支援しようとマイクで演説している。
こんな偽善政治家や教授なんていらない!

額に汗の跡のない、地に足が着いていない政治家や大学教授が多すぎる!

そんな馬鹿が、国民の血税に寄って集って予算を盗む!
それを官僚が協力する!

馬鹿なトライアングル!

KnowYourPlanetの管理者として、マーク・クレーグ(Mark Kragh)の正規の仕事は小企業と愛好家へのソーラーパネルを再販することである。

しかし、2月に、彼がチャリティーとして授与している特に作られたキットを分配し、かつもっと作る方法を地元住民に教えるために、彼は、ケニアへ旅行する。

マーク・クレーグの額に汗が光る!

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。