on-the-time.jp

2011年12月17日

カナダの動物シンボルは、「ビーバー?」それとも「北極グマ?」

BBC Newsは、カナダが国章を交換するべきであるというカナダ上院議員からの提案は、21世紀にカナダ人であることで、何を意味するかに関する全国討論の口火を切ったと報告した。

「ビーバー?」それとも「北極グマ?」を再考するととともに、硬直したカナダ人の顔選択になっている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

それすべて、1970年代にカナダの公式紋章として保守的な上院議員ニコル・イートン(Nicole Eaton)によって、「軽蔑された」ビーバーで始まった。

彼女が、ビーバーを「歯音で不完全なネズミ(dentally-defective rat)」と呼んだとして、過去の動物と考えられた。

「恐れをかじる」ことについてのたくさんのしゃれを合図し、「ダムを与えてくださいと。」と、国家は合図しているようだ。
北極グマがより国家の精神を反映するだろうと彼女は主張した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

gaYa広告