gaYa広告

2011年12月17日

カナダの動物シンボルは、「ビーバー?」それとも「北極グマ?」

BBC Newsは、カナダが国章を交換するべきであるというカナダ上院議員からの提案は、21世紀にカナダ人であることで、何を意味するかに関する全国討論の口火を切ったと報告した。

「ビーバー?」それとも「北極グマ?」を再考するととともに、硬直したカナダ人の顔選択になっている。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

それすべて、1970年代にカナダの公式紋章として保守的な上院議員ニコル・イートン(Nicole Eaton)によって、「軽蔑された」ビーバーで始まった。

彼女が、ビーバーを「歯音で不完全なネズミ(dentally-defective rat)」と呼んだとして、過去の動物と考えられた。

「恐れをかじる」ことについてのたくさんのしゃれを合図し、「ダムを与えてくださいと。」と、国家は合図しているようだ。
北極グマがより国家の精神を反映するだろうと彼女は主張した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。