on-the-time.jp

2011年12月17日

カナダの動物シンボルは、「ビーバー?」それとも「北極グマ?」

BBC Newsは、カナダが国章を交換するべきであるというカナダ上院議員からの提案は、21世紀にカナダ人であることで、何を意味するかに関する全国討論の口火を切ったと報告した。

「ビーバー?」それとも「北極グマ?」を再考するととともに、硬直したカナダ人の顔選択になっている。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

それすべて、1970年代にカナダの公式紋章として保守的な上院議員ニコル・イートン(Nicole Eaton)によって、「軽蔑された」ビーバーで始まった。

彼女が、ビーバーを「歯音で不完全なネズミ(dentally-defective rat)」と呼んだとして、過去の動物と考えられた。

「恐れをかじる」ことについてのたくさんのしゃれを合図し、「ダムを与えてくださいと。」と、国家は合図しているようだ。
北極グマがより国家の精神を反映するだろうと彼女は主張した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。