2011年12月17日

チュニジアで、アラブの春が始まって、ちょうど1年!

BBC Newsは、ちょうど1年前に北アフリカで反乱の導火線に火を付けたのは、炎の革命家ではなかったと報告した。

革命の導火線に火を付けたモハメド・ボアジジ(Mohamed Bouazizi)で、彼は月にUS$150未満の8人を雇っている若い果物と野菜販売業者であった。

彼の野心はピックアップ・トラックへの手押し車に昇って取り引きすることであった。

彼の妹サミヤ(Samya)は、「通常通りモハメドは、品物を売りに行くために、家を出ていった。」と言っている。
「しかし、彼がそれらを売った時、会議の3人の検査官が賄賂を彼に求めました。」
「モハメドは、払うことを拒絶しました。」
「かれらは品物を押収し、自動車にそれらを入れた。」
「それらは、彼のはかりをつかもうとしました。」
「しかし、モハメドは、それらを放棄することを拒絶しました。」
「したがって、彼らは兄を叩きました。」と彼女が言った。

すべては、ここからが始まった。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

さらに、彼は女の当局者によって侮辱され、唾をはきかけられた。
彼は、異議を唱えたが、26歳の食料雑貨商の商品は失われた。

彼は品物を返して貰おうと、知事のところに行った。
知事は、彼に会おうとしなかった。

モハメド・ボアジジは、ガソリン缶からガソリンを自分に注ぎ、マッチをつけた。
90%のやけどを備え昏睡状態で、病院に連れて行かれた。

しかし、絶望の彼の行為は、通りで腹を立てた群衆を連れて来た。

汚れた官僚の面前での彼の無力について何か、上昇する価格、および同情の波を引き起こした機会を作った。

残忍な治安部隊に直面して、抗議者は引き下がらなかった。
彼らはより大胆になった。

モハメド・ボアジジが2011年1月5日に彼の傷で死んだ時、暴動を起こすことが強まった。

何百人もが殺され、阻止された。

23年間の権力を持った軍事専制君主で、チュニジアの大統領ベン・アリ( Ben Ali)は、平静を求めるためにテレビに出演した。

彼は、「失業はグローバルな問題でり。」と彼は言った。

彼はそれらを「テロリスト」と呼んで、暴力で隠れた暴力団の責任にした。

アラブ世界の定規のように、チュニジア大統領は自分をイスラム過激主義に対する防波堤と見なした。

彼は、それが彼に民主主義に接近するものをすべて砕く白紙委任を単独で与えると信じていた。

露店商の死からちょうど9日後に、チュニジアは、首相は大統領が「彼の義務を実行することができなかった。」と発表するのを聞いた。

実際、彼は、家族と不意に逃亡した。
最初にフランスへ逃亡を試みた。
フランスは、彼の飛行機を降りさせることを拒絶した。
その後、サウジアラビアへ向かった。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。