on-the-time.jp

2011年12月07日

アップルは中国でiPadトレードマーク訴訟に負けた。

Cellular-Newsは、、中国の裁判所が中国国内でiPadタブレットのための商標コントロール格闘するアップルの最新の試みを拒絶したと報告した。

iPadの商標は、しばらくの間売った一連のタブレット用として2001年に登録したコンピュータ用モニター・メーカーであるProviewによって所有される。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

それを台湾に本拠があるProviewがイギリスの会社へ商標を売ったと主張し、それを2009年にアップルが買ったと言っている。

Proviewは、販売が無効だったと主張している。

広東州深川市の中級人民法廷(地方裁判所)は、アップルの処理が単に台湾の子会社を含んでおり、本土で有効ではなかった、と言う商標へのクレームを拒絶した。

Proviewは現在、金融難にあり訴えので裁判に勝つことができる場合に、商標を売ろうとしている。

一方、Proviewは商標権侵害でアップルを訴え、裁判の間はiPadsの輸入を禁止するように求めている。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

gaYa広告