gaYa広告

2011年12月07日

アップルが建設する宇宙船の修正はヘビーだった。

MacObserverが、ジェフ・ガメット(Jeff Gamet)がアップルのキューパーティーノの宇宙船キャンパスで2011年12月07日水曜日に提案された修正は、構造の重いサイズを強調する詳細と共に浮上したと報告した。

円形の建物は直径1,520フィート以上になり、また周囲のほぼ1マイルの空間になる。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

新しい建築上の演出は、アップルの環境にやさしい設計に対する関与を強調して、屋根をカバーするソーラーパネルを示した。

アップルの共同創立者および元CEOスティーブ・ジョブス(Steve Jobs)は、8月に会社の新しいキャンパスの計画を初公開した。

この設備は約13,000人の従業員を収容し、約280万の平方フィートをカバーし、1,000の座席講堂を含んでいる。

TMOのジョン・マテラーロ(John Martellaro)はその時に、利用可能な図を用いて、建物の直径を1,615フィートと見積もった。

新しいキャンパスはほぼ9,000台の自動車駐車場、58,050平方フィートの食事する設備および2階のフィットネスセンターを含んでいる。

この建築物は、2015年に構築を終了する予定になっている。

確かに巨大だが、大きな弱点は、ハイテクの採用で、エジプトのピラミッドや日本の仁徳天皇陵、中国の秦の始皇帝陵のように永続性は損なわれ、完成と供に、崩壊に向かうことになる。

キューパーティーノ(Cupertino)の予定地のGoogle Earthポインター情報
37°20'8.96"N,122° 0'26.21"W
または、
37.335822, -122.007281

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。