gaYa広告

2011年12月07日

マミア・アーブー-ジャマルの死刑宣告を落す!

BBC Newsは、検察官が元ジャーナリストで、ブラックパンサーであったと言われるマミア・アブジャマル(Former Black Panther Mumia Abu-Jamal)に死刑を要求した後、終身刑の見通しに直面していると報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

マミア・アーブー-ジャマルは、1981年に白人警官を射殺したことに対して有罪と立証された。

58歳の彼は、1982年にフィラデルフィアの警官ダニエル・フォークナー(Philadelphia policeman Daniel Faulkner)を殺害したことで、有罪判決が下された1年後に死刑が宣告された。

死刑を実行を求めない決定は、犠牲者の未亡人の同意で、検察官セツ・ウィリアムズ(Seth Williams)によって下された。

マミア・アーブー-ジャマルの有罪判決は、一連の訴え事件によって支持されているが、陪審員に与えられた指示が潜在的に誤って説明することができたかもしれないことが裁決された後、新しい判決審理は米連邦控訴裁判所(federal appeals court)によって命じられた。

2011年10月に、米国の最高裁判所は、その事件に干渉することを拒絶し、死刑の更新された要請を提出するべきか終身刑を受理するべきであるかどうか決定することを検察官に強いた。

マミア・アーブー-ジャマルの事件は、彼が米国裁判制度中で人種的偏見の犠牲者だったと信じるの世界中の人々から支援を引きつけた。

ニューヨークタイムズ(New York Times)の広告によって再審を要求するために、有名な顔で以前参加したマイク・ファレル(Mike Farrell)とティム・ロビンス(Tim Robbins)のような俳優、ラッパーのBeastie Boysは、コンサートで、マミア・アーブー-ジャマルの弁護資金のためのコレクテッド・ファンズを開催している。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。