2011年12月07日

「M・A・S・H」のスターであったハリー・モーガンが死去した。

BBC Newsは2011年12月08日に、米国テレビ番組「マッシュ(M・A・S・H )」で大佐シャーマン・ポッター(Colonel Sherman Potter)を演じたことで最もよく知られている俳優ハリー・モーガン(Harry Morgan/1915 - 2011)が96歳で死去したと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

彼の家族によれば、肺炎になり、苦しんだ後に、ロサンジェルスの自宅で死去したと言っている。

「マッシュ」でBJハニカット(BJ Hunnicutt)を演じたマイク・ファレル(Mike Farrell)はモーガンについて、「体に愛しくない骨はありませんでした。」と言っている。

俳優ハリー・モーガンは、1967年から1970年まで、テレビ犯罪連続シリーズ「Dragnet from」で、ジャック・ウェッブ(Jack Webb)オフィサーのビル・ギャノン(Bill Gannon)として出演していた。

ハリー・モーガンは、1950年代にテレビからスタートした。

彼は1975年から1983年まで、「マッシュ」の中で父親役のように出演していた。
1980年にはエミー賞を受賞している。

「マッシュ」は、朝鮮戦争中に大ヒットした。

「マッシュ」の最終回を録画した後、1983年の記者会見中に、リポーターの前で気落ちして、
「私は、非常に悲しく、感傷的に感じています。」
「私は、マッシュが私をよりよい俳優にしたが、私が知っている場合、それが私をよりよい人間にしたことを知りません。」と彼が言った。

彼の共演者マイク・ファレル(Mike Farrell)は、モーガンが「an imp(悪魔の子)」であると、
「彼は楽しみでいっぱいでした。また、彼はホイップのように利口でした」と付け加えた。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。