gaYa広告

2011年12月07日

劇場舞台作家ビル・モリソンが死去した。

BBC Newsは2011年12月08日に、劇場舞台の脚本家で、1980年代にアラン・ブリーズデール(Alan Bleasdale)とウィリー・ラッセル(Willy Russell)と共に、リバプール演劇ギャング(Liverpool Playhouse Gang)グループ4人組として有名になったビル・モリソン(Bill Morrison/1940 - 2011)が71歳で、2011年12月07日朝にリバプールの自宅で死去した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

ビル・モリソンは、the farce(道化芝居)「Flying Blind(空飛ぶ盲目)」でもっとも知られ、リバプールからロンドン、そしてニューヨークで公演された。

ブリーズデールは、北アイルランド生まれの71歳のモリソンは「注目すべき作家で、偉大な教師」であるとリバプール・デイリー・ポスト(Liverpool Daily Post)に伝えた。

「Flying Blind」は、「20世紀の偉大な劇のうちの1つだった。」とブリーズデールが付け加えた。

モリソン、ラッセル、ブリーズデールおよびクリス・ボンド(Chris Bond)は、1981年-1985年からリバプール劇場で芸術監督の役割を共有し、都市リバプールで劇場の黄金時代と見なされた。

モリソンは、「Poet Laureate Carol Ann Duffy(桂冠詩人キャロル・アン・ダフィー)」を監督し、最初の劇「Take My Husband」を1982年に公演した。

リバプールの劇場「Liverpool Everyman and Playhouse」の芸術監督であるゲッマ・ボディネッツ(Gemma Bodinetz)は、モリソンが「優れた脚本家で、寛大な精神の持ち主である。」と言った。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。