gaYa広告

2011年12月07日

劇場舞台作家ビル・モリソンが死去した。

BBC Newsは2011年12月08日に、劇場舞台の脚本家で、1980年代にアラン・ブリーズデール(Alan Bleasdale)とウィリー・ラッセル(Willy Russell)と共に、リバプール演劇ギャング(Liverpool Playhouse Gang)グループ4人組として有名になったビル・モリソン(Bill Morrison/1940 - 2011)が71歳で、2011年12月07日朝にリバプールの自宅で死去した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

ビル・モリソンは、the farce(道化芝居)「Flying Blind(空飛ぶ盲目)」でもっとも知られ、リバプールからロンドン、そしてニューヨークで公演された。

ブリーズデールは、北アイルランド生まれの71歳のモリソンは「注目すべき作家で、偉大な教師」であるとリバプール・デイリー・ポスト(Liverpool Daily Post)に伝えた。

「Flying Blind」は、「20世紀の偉大な劇のうちの1つだった。」とブリーズデールが付け加えた。

モリソン、ラッセル、ブリーズデールおよびクリス・ボンド(Chris Bond)は、1981年-1985年からリバプール劇場で芸術監督の役割を共有し、都市リバプールで劇場の黄金時代と見なされた。

モリソンは、「Poet Laureate Carol Ann Duffy(桂冠詩人キャロル・アン・ダフィー)」を監督し、最初の劇「Take My Husband」を1982年に公演した。

リバプールの劇場「Liverpool Everyman and Playhouse」の芸術監督であるゲッマ・ボディネッツ(Gemma Bodinetz)は、モリソンが「優れた脚本家で、寛大な精神の持ち主である。」と言った。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。