gaYa広告

2011年12月07日

生活費が高いアジアの都市リスト。

新華社は2011年12月08日に、香港で発表された「生活費が高いアジア都市(most expensive locations in Asia)リスト」によると、日本の東京が相変わらずトップを占めており、北京、上海、香港は、第7~9位だったと報告した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

この調査を行った香港のECAインターナショナルのアジア地域リー・クエイン総監(Lee Quane, Regional Director, Asia for ECA International)は、記者会見で「基軸通貨のドル安を受け、香港は最も生活費がかかる都市の首位ではなくなった」と解説した。

世界ランクで56位に落ちた香港は、前年9月の調査より順位が26位下がり、アジア地域で降下度が一番大きな都市となった。
アジアに限れば、商品の販売価格は前年同期比で大幅に上昇したものの、香港の番付は第6位から第9位に降下している。

「ECA生活費指数」によると、過去1年間でアジアの平均商品販売価格は8%上昇したが、香港では7%、中国本土では9%、シンガポールでは5.7%とそれぞれ上昇している。
継続的なドル安は、香港の生活費がシンガポール、北京、上海などより低下したことを示し、これらの都市はインフレに喘いでいるだけでなく、為替レートも高い。
だが、住居支出も生活費に含めれば、香港は依然としてアジアで東京に次ぎ2番目に生活費がかかる都市となっている。

今回の調査では、最も生活費のかかるアジア都市は、
東京(世界ランク1位)、
名古屋(同4位)、
横浜(同6位)、
神戸(同10位)、
ソウル(同21位)、
シンガポール(同31位)、
北京(同35位)、
上海(同41位)、
香港(同58位)、
釜山(同63位)だった。

調査に使われた生活費指数は、国際人材調査会社ECAインターナショナルが毎年3月と9月の日用品とサービスに対する調査から算出されている。
今回の調査で使われたデータは9月のデータで、調査対象は、食物(穀物・食用油等、乳製品、肉類・魚類、新鮮な青果)、基本的な需要(飲料とタバコ、雑貨、サービス)、一般需要(衣類、電子製品、自動車、外食)だが、住居、公共料金(電気代、ガス代、水道料金)、クルマの購入費用、学費などは調査対象外としている。

私は個人的に、このような情報を外国メディアが紹介するときの写真に興味がある。
外国人は、どこの写真を公開し、このデータの代表イメージにしているか?と言うことである。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。