on-the-time.jp

2011年12月07日

火星ローバーは、鉱脈が水によって置かれたことを解明!

NASAは、NASAの火星探査ローバー「オポチュニティー」(NASA's Mars Exploration Rover Opportunity)は、水によって置かれた鉱物の明るい鉱脈「石膏apparently gypsum()」を見つけたと報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

NASAは2011年12月07日に、NASAの火星探査ローバー「オポチュニティー」(NASA's Mars Exploration Rover Opportunity)は、水によって置かれた鉱物の明るい鉱脈「石膏apparently gypsum()」を見つけたと報告した。

鉱脈の分析は、火星に関するぬれた環境の歴史の意見で、その一致を改善することを支援する。

NASAの火星探査ローバー「オポチュニティー」の主任調査官で、コーネル大学のスティーヴ・スクワイヤーズ(Steve Squyres of Cornell University)は、
「これは、水が岩の中の地下破砕を通って流れたとスラムダンク・ストーリーに伝えます。」
「このマテリアルは、私たちが見たところ、適所に右を形成したかなり純粋な化学鉱床です。
それは火星上で見られた他の石膏、あるいはオポチュニティーが見つけた他の水に関連する鉱物で言うことができません。
それは地球で珍しくありません。
しかし、火星においては、それが地質学者を椅子からジャンプさせる驚きの種類です。」と言っている。

NASAの火星探査ローバー「オポチュニティー」の最新の調査結果は、サンフランシスコで開催された第44回AGU(American Geophysical Union's conference in San Francisco/アメリカ地球物理学連合)の会議で2011年12月07日水曜日に示された。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。