2011年12月07日

火星ローバーは、鉱脈が水によって置かれたことを解明!

NASAは、NASAの火星探査ローバー「オポチュニティー」(NASA's Mars Exploration Rover Opportunity)は、水によって置かれた鉱物の明るい鉱脈「石膏apparently gypsum()」を見つけたと報告した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

NASAは2011年12月07日に、NASAの火星探査ローバー「オポチュニティー」(NASA's Mars Exploration Rover Opportunity)は、水によって置かれた鉱物の明るい鉱脈「石膏apparently gypsum()」を見つけたと報告した。

鉱脈の分析は、火星に関するぬれた環境の歴史の意見で、その一致を改善することを支援する。

NASAの火星探査ローバー「オポチュニティー」の主任調査官で、コーネル大学のスティーヴ・スクワイヤーズ(Steve Squyres of Cornell University)は、
「これは、水が岩の中の地下破砕を通って流れたとスラムダンク・ストーリーに伝えます。」
「このマテリアルは、私たちが見たところ、適所に右を形成したかなり純粋な化学鉱床です。
それは火星上で見られた他の石膏、あるいはオポチュニティーが見つけた他の水に関連する鉱物で言うことができません。
それは地球で珍しくありません。
しかし、火星においては、それが地質学者を椅子からジャンプさせる驚きの種類です。」と言っている。

NASAの火星探査ローバー「オポチュニティー」の最新の調査結果は、サンフランシスコで開催された第44回AGU(American Geophysical Union's conference in San Francisco/アメリカ地球物理学連合)の会議で2011年12月07日水曜日に示された。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

gaYa広告