gaYa広告

2011年12月07日

われわれは、どれくらい交通事故の近くで生きているか?

BBC Newsは、毎年、130万人が世界の道路で死んでいる。さらに、5000万人が負傷していると報告した。

自動車メーカーは、コンピュータで制御した、衝突しない自動車を作成しようと急いでいる。
しかし、ドライバーは、運転を無視するコンピュータで完全制御された自動車を受け入れ、それに乗るだろうかという疑問もある。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

約30年前、「clunk clicking」というカー・シート・ベルト()は私たちを路上で安全にしてくれる最先端の秘術であった。

そのとき以来、エアバッグ(airbags)、ブレーキ系アンチロック(anti-lock braking systems)、衝撃吸収帯(crumple zones fitted)が新車に適合されてきた。

今では、ドライバーに危険について警報することができ、出来事から事故を防ぐためにさらに処置を講ずることができるシステムとして衝突回避技術(crash avoidance technology)の到着は、私たちの路上の衝突の数をカットすると約束した。

ボルボは、2020年までには誰も死なないし、重傷もしないだろうと、非常に確信している技術を誓っている。

本質的に、スウェーデンのメーカーは、完全にその占有者を保護し、より衝突しない乗り物を組み立てるつもりになっている。

他の自動車メーカーは同様の約束をしている。

トヨタは、そのゴールがいつ達成されるかまだ言っていないが、それが惨事および傷の0を目指して進んでいると言った。

また、フォードは、既に大量市場の最も安全な乗り物のうちの1つとして、自ら宣言した「知的な保護システム」を備えた新しいフォーカス(Focus)を売っている。

最新の技術は何ですか?
それは実際に衝突を防ぐ場合があるか?

そう言えば、何年前だったか?友人が置いていったフィアットに乗ることになったことにがあり、その車にはオート・ドライブ機能が搭載されていたが、何とそれは、アクセルを踏まなくても走り続け、何度か怖い目にあって、オート・ドライブ機能は絶対に使ってはいけない機能だと知ったことがある。

あれは、今考えても欠陥機能であった。

さあ、命を掛けて、事故を起こさないと言う欠陥車に乗ってみよう!

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。