on-the-time.jp

2011-12-07

中国四大銀行の新規貸出、月末に急増し、11月は2200億元超。

銀行

新華社は、中国証券報からの情報として銀行筋やアナリストの予測では2011年11月に、中国国内四大銀行(中国银行、中国农业银行 、中国工商银行、中国建设银行)による新規貸出額(新增贷款)は2200億元を超える予測していると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

2011年11月最後の3日間で新規貸し出しは予想を超える900億元まで伸びた。
2010月の新規貸出は2380億元だった。
国内銀行業全体の2011年11月の新規貸出は5500億~6000億元規模とみられる。

アナリストは2011年11月の月末に大手行の新規貸出が予想を上回る伸びとなったことについて、当局の「窓口指導」によるものだと指摘した。

今年通年の融資規模が予想を下回るペースに落ち込んでおり、通年で7兆5000億元の目標を達成するには残り2カ月で1兆2000万元をクリアする必要がある。

ただし、地方の銀行では融資方針に大きな変化は見られず、不動産など特に引き締めが厳しい分野でも規制緩和の兆しは見られないと報告している。

中国で面白いのは、広大な中国では、日本のように一斉にとは行かないことで、どこかでいつも歪みのママ残るところがあり、その情報を利用したビジネスまで存在していることである。

年末の貸出について銀行筋は楽観視する。
預金準備率が0.5ポイント引き下げられたことで、市場の流動性不足がやや改善され、融資の引き締めは一層緩和されると予測している。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE