AD SPACE

2011-12-07

インドの収入不平等は、20年間で倍増!

BBC Newsは、OECD(Organisation for Economic Cooperation and Development/経済協力開発機構)からの新しい報告書情報として、インドで所得の不平等が20年間で倍増し、新興市場で最悪の結果であったと述べたと報告した。

OECDは、インドの賃金労働者で、トップ10%が20年前から6倍になったのに対し、ボトム10%が12倍になり、世界で貧弱なことが最多数であったと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

12億1000万人の約42%は1日当たりUS$1.25未満で生活している。

レポート「Divided We Stand: Why Inequality Keeps Rising」は、「ブラジル、インドネシアおよびいくつかの指標上でアルゼンチンは過去20年にわたって不平等を縮小するに重要な進歩を記録した。」と言い、
「対照的に、中国、インド、ロシア連邦および南アフリカは、すべてに時間にわたってそれほど等しくできなかった。」と書いている。

報告書は、インドがトップと底賃金労働者の間の比率が1990年代初め以来2倍になっていると述べた。

さらにインドは、貧困削減をよくやっていっていない、と報告書が述べている。

報告書は、37%の公式のインド数に比べて、貧困線以下でインド人の42%が生きていると言った。

でも、それで生きていけるインドは、逆に幸せかもしれない。
インドで金持ちほど、馬鹿に見える国は少ない。

金で釣られて、悪いことしか考えられなくなった人が増えている。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE