on-the-time.jp

2011年12月07日

イギリスのASAは、「Final Destination 5」のポスターを禁止した。

BBC Newsは、イギリスの広告規制機関ASA(Advertising Standards Authority)は、猛烈すぎる恐怖から、「Final Destination 5」のポスターを禁止した。

それらのポスターは、公共交通機関のバスやロンドン地下鉄構内で夏に使用されるために制作されたポスターで、鋼鉄の棒が口から目に貫通していた。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

広告規制機関は、イメージが「子どもに恐れを与え、不適当な苦痛をもたらすだろう。」と言いました。

広告が再びそのオリジナルの形式に現われてはならないと、それに裁決した。

ASAは、13人の人が1〜3歳の子供達の気を動転させると言った。

映画「Final Destination 5」を配信したワーナー・ブラザーズ(Warner Bros)は、ポスターが「正確に、引き起こす過度の恐れあるいは苦痛のない適切な映画の内容を反映した。」と答えた。

ポスターが「超現実的だった」と言い、生き生きした空想のイメージを含んでいること、また人間の血を特色としなかったし、実生活暴力を表示さ」なかったと言っている。

さらに、それは、ポスターのダーク・グレーおよび黒い色が恐らく「幼い子どもの注意を得なかった」と主張した。

その裁決でASAは、
「私たちは、特にそれが地下上のポスターに示されたので、イメージが子どもの注意をつかむだろうと思いました。
「非常に幼い子どもが暴力を描くこの広告を見ることができるので、それは子どもに恐れおよび不適当な苦痛をもたらすでしょう。」と言いました。

この映画は8月にリリースされ、その後に家庭でを見るために販売された。

アメリカのこれでもか!ビジネス?

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。