2011-11-29

スウェーデンの男性は、携帯電話電磁波放射回避スーツを着用!

Cellular-Newsは、スウェーデンの62歳になるダン・ベングスソン(Dan Bengtsson)が、電気磁気放射線から自身を保護するために銀のスーツを着て、故郷をあちこち歩いている報告した。

ダン・ベングスソンは、税金を払っている一般国民として、彼が住むことができる携帯電話デッド・スポットを提供することを今要求していると報告した。

がんばれ〜頑固者!

彼は、変わり者ではない!電気またはラジオ放送にさらされた時、鋭敏反応でプラスチックを使用することができないことから、同じように「現代世界」に対してアレルギーのことを要求する、世界中の人々の一人であった。

そらは大変だ!
生死に関係するかも!

しかし、医学テストは、その問題は完全に想像上の結果まであると、それを明らかにできる徴候を証明していない。

彼が西海岸に住んでおり、電力会社の気技師として働いた時、その問題は1992年に始まったと言っている。

彼はスウェーデンの新聞「アフトンブラデット(アフトンブラデット)」に、「仕事が傷を関連づけられたとともに、私はこれを経験した。」と言っている。

彼が電気と放射線を回避するために、2005年には、ダーラルナのモーラ地方自治体(Mora municipality in Dalarna)の中の小村ベンジャン(Venjan)に妻と入居した。

「しかし、私はまだ完全な家を見つけることができません。携帯電話放射線は避けられません。それは、スウェーデンのどこにもあります」と彼が言った。

彼のエリアの信号を弱めるために、地方自治体は今、携帯電話とテレビのキャスターと作業をしている。

携帯電話やテレビのない独立国を作ろう!

そう言えば、私は海の潮風に当たると、やたらに体中がかいくなる!
潮風過敏症である。