on-the-time.jp

2011年12月04日

タイガー・ウッズ、大干ばつのトンネルを抜けた!

BBC Newsは、タイガー・ウッズ(Tiger Woods)は、18番ホールでライバルのザカリア・ジョンソン(Zach Johnson)を見送るためにバーディー・バーディーで終了して、シェブロン世界の挑戦(Chevron World Challenge)で、2年間勝てなかった長いトンネルを抜け、初めて優勝を獲得したと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

シェブロン世界挑戦最終スコアボ-ド(Chevron World Challenge final leaderboard)
* -10: T Woods (US)
* -9: Z Johnson (US)
* -5: P Casey (Eng)
* -4: H Mahan (US), M Kuchar (US)
* Selected others: -1: M Laird (Sco)

ウッズは17番を下って行くとき、リーダーであったジョンソンの後ろで1差であった。
しかし、引くために15フィートのバーディ・パットを決めた。

ウッズが2009年11月の豪州マスターズ(Australian Masters in November 2009)以来、彼の1回目のタイトルを確定する前に、ジョンソンは、18番上でバーディーの試みたが逃した。

ポール・ケーシー(Paul Casey)は69で、3位以下で終わった。

ウッズの世界ランキングはNo.1から、第52まで急降下していた。
また、私生活は内部崩壊していた。

最後の勝利だった2009年11月15日の豪州マスターズ(Australian Masters)のFINAL LEADERBOARD
-14 T Woods (US)
-12 G Chalmers (Aus)
-10 J Dufner (US), F Delamontagne (Fra)
-9 J Nitties (Aus)
-8 A Scott (Aus), C Percy (Aus)
Selected others: -3 S Benson (Eng) -1 R Bland (Eng)

世界ランキングNo.1(WORLD CHALLENGE WINNERS)
Continue reading the main story
* 2010 - Graeme McDowall (Northern Ireland)
* 2009 - Jim Furyk (USA)
* 2008 - Vijay Singh (Fiji)
* 2007 - Tiger Woods (USA)
* 2006 - Tiger Woods (USA)
* 2005 - Luke Donald (England)
* 2004 - Tiger Woods (USA)

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。