2011-12-03

ドイツのコブレンツで、第2次世界大戦の爆弾発見!45,000人退去!

私は、コブレンツの隣の街に住んでいたことがある!
BBC Newsは、ライン川とモーゼル川が合流する有名な街コブレンツ(Koblenz)の横を流れるライン川で第二次世界大戦の不発弾が見つかり、信管をを外すまで、市民45,000人が非難したと報告した。

コブレンツには、有名な名誉ある娼婦が住んでいる。

また、第二次世界大戦の公文書館でも有名である。
ドイツのコブレンツ大学のプルゴジン関連資料。

ビールもうまいし、ライン川の対岸にある古城には、鉄でできたいくつもの貞操帯(Chastity belt)や拷問の器機、武器が展示されている。

発見された不発弾は、1.8mトンの英国空軍(RAF)によって落とされた爆弾で、乾燥期ラインの水位が下がった結果著しく落ちた後の覆いが取られた。

被爆地から、半径2km以内に住んでいるすべての人が非難するように命令された。

日曜日に専門家が信管を外す!

この爆弾は、戦後ドイツで発見された最大の不発弾であった。

コブレンツに住む、約半数が影響を受けた。

コブレンツの職員は、7つの老人ホーム、2つの病院および1つの刑務所も待避させられていると言った。

他に行く場所のないものに提供するため、学校で12,000台のベッドを備えた避難所はセット・アップした。

何百もの砂袋が爆弾がある場所の河床部分の近くで置かれた。

日曜の朝に、残りの水は、そのエリアからくみ出される。

爆弾処理は、15:00ごろ(14:00 GMT)に予定されている。

別のより小さな米国製の爆弾も同時に信管が外される。

日曜日に、コブレンツを通る、アウトバーンおよび鉄道はすべて停止される。

フランクフルトから、ケルンに通じる本線が通っているが、対岸にも鉄道とアウトバーンは走っている。

列車は08:00(07:00 GMT)から主な駅に立ち寄らない。

そう言えば、モーゼル川に沿った鉄道も走っている。

また、都市の中への出入用道路が閉鎖される。

都市当局は火曜日以来ちらしを配布している。
それらの特性を考えて、かつ可能なところでは、シャッタを引き下ろすように居住者に助言している。

コブレンツ(Koblenz)のGoogle Earthポインター情報
50°21'36.09"N,7°35'23.67"E
または、
50.360025, 7.589908

Related Dates