2011-11-29

スマートフォンが、エネルギー消費を70%以上削減!?

ドイツの新聞Deutsche Welleは、フィンランドの調査チームは、開発途上国で人々がよりよいインターネットアクセスを得ることを助けたことを発見し、それはスマートフォンが、エネルギー消費を70%以上削減したと言ったと報告した。

アプリケーションを起動でき、Webを容易に使用することができるスマートフォンは、世界的で使用が上昇中している。

これらの新しい省エネルギーのバックになるキーは、携帯電話とネットワークの間のデータのフローをよりよく組織するネットワークproxyである、ということをヘルシンキ郊外にあるアールト大学(Aalto University)の研究のための先導科学者ジュッカ・マナー(Jukka Manner)が説明した。

チームは、はるかによりエネルギー効率の良いやり方の中で携帯電話の無線を使用するために携帯電話電話およびネットワークproxyハードウェア上で新しいソフトウェアの組み合わせを使用することを望んでいる。

研究者は電気通信へのアクセスが困難な時の解決策を開発することを望んで、タンザニア、ウガンダおよびケニアの使用の場合を見た。

アフリカ人口のわずか約11%しか、インターネット・アクセス環境を持っていない。
しかし、大陸上の人々の半分以上は携帯電話を持っている。

また、フィンランド・チームの研究によれば、アフリカ人の90%は携帯電話報道を備えたエリアに住んでいる。

研究チームは、アフリカの場合を見たが「技術がどんなネットワークあるいは国にも結び付けられない」ことを強調し、理論上どんな場所でもインプリメントすることができた。

proxyは、携帯電話からデータ・リクエストを集めて、次に、ネットワークへそれらを回送する装置になっている。

コミュニケーションは、別の方法として、携帯電話に回すインターネットからと同様に、「答え」を受け取るproxyと共に行われる。

アールト大学研究者は、彼らがスマートフォンからパワーの使用を74%以内カットしたと言った。

proxyは節約されたエネルギーの大部分を説明したが、研究者は、さらに効率を増加させるために携帯電話、Web圧縮およびよりよいデータ・キャッシングのために最適化されたWebサイトを利用した。