2011-11-28

1976年のジョブスサイン入り、アップル契約が売り出された!

MacObserverは、アップルが企業として設立された1976年の契約書原本がサザビーズ(Sotheby's)のオークションで売り出されたと報告した。

この契約はスティーブ・ジョブス(Steve Jobs)、スティーブ・ウォズニアック(Steve Wozniak)およびロナルド・ウェイン(Ronald Wayne)によって調印された。
また、このコピーはもとはロナルド・ウェインのプロパティであった。

[AD] You can advertise on this site.

サザビーズのオークションでの落札希望価格はUS$100,000〜150,000を提示している。

たった数週後に会社を辞めたので、ロナルド・ウェインは時々忘れられたアップルの共同創立者と呼ばれている。

彼は、スティーブ・ジョブスとスティーブ・ウォズニアックによる真新しい会社のための成人の監督として、設立に参加した。
また、彼の10%の所有権は、2人のスティーブスのための平等として役立つように設計された。

今日の市場では、その10%の株式は何十億の価値がある。

しかし、ロナルド・ウェインは見る目がなかったのか、US$800で他の2人の共同創立者に会社の彼の部分を売ることにした。しかし、彼はそれを残念に思わないと6月にサンノゼ・マーキュリーニューズ(The San Jose Mercury News)に伝えた。

契約のコピーはもとはウェインのものであったが、競売にかける無名の人はウェインではない。
ここでもロナルド・ウェイン損をしている。

ジョブズがアップルに戻る前に、販売者は1990年代中頃にタイプされたディーラーからそれを得た。

「ジョブズがアップルと再び一緒になる直前に、誰でもが、アップルはほとんど終わると思いました。」と委託者がビジネスウィークに伝えました。

サザビーズのオークションは、2011年12月13日に行われる「Sotheby's Fine Books & Manuscripts auction scheduled for December 13th, 2011.」のロット241番であ。

このオークションには、チャーリー・チャップリン(Charlie Chap)の山高帽や1859年版のチャールス・ダーウィンの種の起源(Charles Darwin's Origin of Species)、ハリー・フーディーニ(Harry Houdini)の署名された写真、文字、ヴォルテール(Voltaire)の署名入り手紙、ジョセフ・ヘラー(Joseph Heller)の「Catch-22(絶体絶命)」の初版、イアン・フレミングによるゴールドのフィンガー(Ian Fleming's Gold Finger)の台本、レイモンド・チャンドラー(Raymond Chandler)の個人の収集本、J.D.サリンジャーのライ麦畑でつかまえて(J.D. Salinger's Catcher in the Rye)なども登場する。

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.